2018.10.01
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

授業力・学級経営力を高めるために〜仕事術「レスポンス」&「いいえと言わない」〜(22)

今期は、授業力・学級経営力を高めるためにも大切になってくる「仕事術」について書いていきます。
樋口万太郎の仕事術を公開します。

京都教育大学付属桃山小学校 樋口 万太郎

私はレスポンスが早いです。これは私の仕事術を支えている一つです。LINEもメールも早いです。そのために常日頃スマホを持っています。スマホは授業中とトイレ以外は常に持っているかもしれません。

メールの返信を後にしようと思うと、ただただ仕事が溜まっていくだけです。もしかしたら忘れてしまい、後々大変なことになるかもしれません(私は忘れん坊です)。

「できることは、その場でする!」が、私の鉄則です!それは他の仕事でもそうで、「後でしよう!」は仕事が溜まっていくだけです。やったことがなくても、できそうなことには、「はい」と言います。とにかくやってみます。

あまり自分に自信のない私にとっては、「これやってみる?」と声をかけてもらえるだけで、とても嬉しいです。自分がいない会議や飲み会などで自分の話題が上がることもとても嬉しく感じます。そんなタイプです。なので、「いいえ」というと、そこで関係が切れてしまうのではないかと思ってしまうのです。まぁ、実際は「はい」といってしまったことで、困ったことも何回かありましたが、なんとか乗り越えることができました。もしかしたら、どんなことでもなんとかなるのかもしれません。「いいえ」という言葉を知らないのかもしれません(笑)

ただ、過去を振り返ってみると、本当にできそうにないことやただ押し付けられるような仕事は、断ることもありました。
例えばあるとき、1番年下であった自分が年上の先生から、授業で使うプリントを印刷するように言われたことがありました。
これは違いますよね。年下だからではなく、手の空いている人やお互いにwin-winになるような人にお願いすればいいと思うのです。その時は全然学年のプリント印刷をしませんでした。今思えば、尖っていたな…。すみません、その当時の先生方…。

年上、年下は関係ないと思うのです。コーヒーやお茶入れもそうだと思います。なぜ1番年下がしないといけないのでしょうか。仕事量が1番少ないから?理由としては弱いですよね…。
1校目はいつも1番ベテランの先生がコーヒーを入れてくれていました。いつも「ありがとうございます」と言い、飲んでいました。そこでの会話は昨日のテレビの話や雑談だったり、ホッと一息抜けるような場になっていました。

今度はそういった場を私が作っていかないといけない年代になってきたんだろうな。

樋口 万太郎(ひぐち まんたろう)

京都教育大学附属桃山小学校
みんなが「わかる」「できる」、そして「楽しい」授業を目指し、目の前にいる子に応じた指導を行っています。キーワード「学級経営」「算数」「タブレット端末」。

同じテーマの執筆者
  • 安居 長敏

    滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長

  • 石丸 貴史

    福岡工業大学附属城東高等学校 教務主任

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 大吉 慎太郎

    大阪市立放出小学校 教諭

  • 松田 翔伍

    名古屋市立御器所小学校 教諭

  • 森 寛暁

    高知県公立小学校 教諭

  • 清水 智

    H31 小谷村立小谷小学校講師 地球温暖化防止コーディネーター
    R2 大町市立南小学校講師・池田町教育支援講師・地球温暖化防止コーディネーター

関連記事

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop