2017.05.23
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

4D授業を目指して④〜1Dとは?(4)

みなさんの授業は4Dになっていますか?

1Dではありませんか?それとも2D?3D?

4Dとはなんのことでしょうか?

京都教育大学付属桃山小学校 樋口 万太郎

前回、黒板に書いていることを写すということを話題にしました。

樋口学級では、

どの教科でも

・日付

・問題

・自分の考え

・まとめ

・ふりかえり

をどの学年においても書かせるようにしています。

もちろん「板書を写しましょう」と子どもたちに言う時もあります。

今年度の子どもたちには、まだ言っていないかもしれません。

私が4D授業においても(1D授業においても)目指すのは、

子どもたちは話を聴きながら、発表をしたり、ノートを書いたりして思考している姿

を目指しています。

また話が脱線しますが、ノートは1年の1学期から書かせるべきです。

まだ字があまり書けないからとワークシートを使用される方を多く見かけます。

1年生は他の学年に比べると、比較的に学習に余裕があるはずです・・・。

だから、1年生で取り組むべきだとおもいます。

もちろん最初は時間がかかります。一年生を担任しているとき、算数の問題を書くだけで15分かかったこともあります。

でも経験を積むにつれて、先生と同じスピードぐらいで早くかけるようになります。

1年生だからできないよ!」

と限界を教師の方が作るのでは、子どもたちはどんなことでも伸びません。

1年生でもできるんかも!」

そんな気持ちで、子どもたちの無限の可能性を信じながら、取り組むことが大事なのかもしれません。

この春、新しく先生になられた方でも、ある程度の授業観というものを持っています。

不思議なものですが、

教育実習でのクラス、

ボランティアで参加していたクラス

などからの授業観もあることでしょうが、

やはり自分たちが学生のときに受けてきた授業というのが、元になっているように思います。

学生のときに、

嫌だった授業とかはありませんでしたか?

私はひたすら計算プリントをしたり、

ひたすら漢字の練習をしたりする時間が嫌いでした。

でもあるとき、私は気がついたのです。

同じことを教師としてしていることに。

みなさんもそんなことありませんか?

あんだけ嫌だと思っていたのに、同じようにたくさん宿題をだしてるとか、、、。

そして、そういった状況からいつの間にか

授業における「あたりまえ」が出来上がっているように思います。

続く

樋口 万太郎(ひぐち まんたろう)

京都教育大学附属桃山小学校
みんなが「わかる」「できる」、そして「楽しい」授業を目指し、目の前にいる子に応じた指導を行っています。キーワード「学級経営」「算数」「タブレット端末」。

同じテーマの執筆者
  • 安居 長敏

    滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長

  • 石丸 貴史

    福岡工業大学附属城東高等学校 教務主任

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 中原 正治

    元徳島県立新野高等学校 教諭

  • 鷺嶋 優一

    栃木県河内郡上三川町立明治小学校 教諭

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 大吉 慎太郎

    大阪市立放出小学校 教諭

  • 松田 翔伍

    名古屋市立御器所小学校 教諭

  • 森 寛暁

    高知大学教育学部附属小学校

  • 清水 智

    長野県公立小学校非常勤講師

  • 深見 智一

    北海道公立小学校 教諭

  • 齋藤 大樹

    浦安市立美浜北小学校 教諭

  • 神保 勇児

    東京学芸大学附属大泉小学校 教諭

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科准教授

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop