2018.05.25
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

書くときのヒントになる「おおきいみかん」19のこと

5月も終わろうとしています。新年度!と呼ばれてから,2か月が経ちました。
みなさん,もうすっかりと慣れましたか。私は,まだ慣れません。

さて,春から夏へ......。
何かといろいろと書かせたくなる時期でもあります。

日常での書く活動は,ノート指導。もう始まってますよね。
私は,小学1年生であっても,入学式の次の日に,連絡帳指導から始めます。
まさか,1学期は,ノートを使わせません!なんて学校はないですよね(笑)
書くという活動は,脳の発達にも直結する大切な活動ですから......。
臨時講師一年目。つまり大学卒業してから,教職の世界に飛び込んだ年。
子どもたちの作文が毎日載っている学級通信を2000号を超えて発行される先生がいたのです。
そのような学校に勤めていたとき,

この時期の過去記事です。
黒板の周囲には,何も貼ってはいけません?(5)https://www.manabinoba.com/tsurezure/015971.html

学習のルール「あいうえお」 https://www.manabinoba.com/tsurezure/24789.html

音読指導アラカルト https://www.manabinoba.com/tsurezure/22104.html

「楽しい」「分かった」「できた」「さらに」 https://www.manabinoba.com/tsurezure/20030.html

自尊感情がある程度高くないと難しい https://www.manabinoba.com/tsurezure/19077.html

3つの学習型を入れた授業の組み立てを https://www.manabinoba.com/tsurezure/18022.html

兵庫県小学校 特別支援教育士(S.E.N.S)・特別支援教育Co 関田 聖和

学級通信2000号越え

日常での書く活動は,ノート指導。もう始まってますよね。
私は,小学1年生であっても,入学式の次の日に,連絡帳指導から始めます。
まさか,1学期は,ノートを使わせません!なんて学校はないですよね(笑)
書くという活動は,脳の発達にも直結する大切な活動ですから......。

臨時講師一年目。つまり大学卒業してから,教職の世界に飛び込んだ年。
子どもたちの作文が毎日載っている学級通信をいただいていました。
その数は,2000号を越えます。
「息をするように,自然に書かせたい」
とその先生は,言われていました。

確か私よりも,10ほど上の先生。
私が32歳になった時に,「この先生と同じレベルでいたい!」と思えた,
今で言うところのメンターのような先生だったのです。

「おおきいみかん」

書くことが苦手な子どもには,様々な背景要因が想定されます。
究極の指導かもしれない「書け!」では,なかなか書き出せません。

 ・そもそも想像することが難しい
 ・そもそも書く課題(読んだ本や社会見学先など)について覚えていない
 ・書くための言葉を知らない(語彙力)
 ・不器用さなどから,鉛筆を持つことへの抵抗感がある。
などが考えられます。

当時23歳の私に教えてもらったのが,書くときの魔法の呪文。
「おおきいみかん」
だったのです。

想起させるための写真やイラストがない!
すぐに言葉を使えるようにはできない!といった時に,使えます。

これは,昔メルマガ発信(今は,やめてます)をしていた頃に,
いろいろな雑誌に掲載されてしまったので(笑)ご存じな方も多いかもしれません。

私も教えてもらったものなので,ベテラン先生には,周知の事実かもしれません。
少し私なりに改良をしています。当時の私の学級通信からです。

思った・起こった・怒ったこと

おおきいみかんの「お」
それは,

思った・起こった・怒ったこと

です。

何かをしていて,思ったことはありませんか。

何かをしていると,偶然,起こった出来事はなかったかな。

あんまり毎日になると,しんどくなるけど,
怒ってしまうような出来事は,なかったかな。

そのようなことを書いてみるといいね。

音(音楽・会話文,擬音語,鳴き・泣き声)

「おおきいみかん」の2つ目の「お」は,



です。

音にもいろいろあるよね。

ふと耳にした音楽
家族や友だちと話した会話
道具から出る音
どこかへ出かけたときに聞こえてくる音
ペットをはじめ,動物の鳴き声
弟や妹の泣き声もあるよね。

家の中にいると,ブーンと冷蔵庫の音で,びっくりすることもあるのかな。

音についても,書いてみよう。

聞いた,聞こえたこと・来たこと

「おおきいみかん」の「き」は,

聞いた,聞こえたこと・来たこと

です。

お話を聞いたことや何か聞こえてきたことでもいいですね。
「お」の音に,つなげて書いていくと,
詳しい文になりますね。

また,誰かが来たことや物が届いたことでも,いいですね。
何だか,楽しいことが書けそうです。

言った・行ったこと・いいこと

「おおきいみかん」の「い」は,

言った・行ったこと・いいこと

です。

言ったこと,つまり話したことを書いてみると,
たくさん書けてしまうことが多いです。
会話文になるので,「 」(かぎ)を使います。
鍵の先からは,ビームが出ているので,書くことができない
ますがありますよ。

行ったことは,お出かけしたときのことを書きます。
公園で遊んだことだって,立派な「行ったこと」です。

「いいこと」は,良いこと。
いつも,いいことばかりだったら,いいんだけどね。

見た,見えたこと(視覚情報)

「おおきいみかん」の「み」は,

見た,見えたこと

です。

自分の目で見たことをそのまま書きます。
最初は,つながり関係なく,書き出してしまうと良いでしょう。
あんなこと,こんなことって。
そして,書きたい順番に入れ替えると,良い作文になりますよ。

感じた・感動した(喜怒哀楽),考えたこと

「おおきいみかん」の「かん」は,

感じた・感動した(喜怒哀楽),考えたこと

です。

感想文には,外せない項目かもしれませんね。
自分の考えが入った作文は,良い意見文になります。

これらは,「おおきいみかん」の
「お」「お」「き」「い」「み」に,つながってくるところです。
「かん」が入った作文を目指すことができるといいですね。

息をするように,自然に書かせたい

学級通信に少し加筆しました。
冒頭で紹介した「息をするように,自然に書かせたい」という言葉。
まだまだ自分にできているのかと言われれば,今ひとつ。
その境地に自身も近づけるようにしていきたいです。


楽しく学んで国語力アップ! 「楽習」授業ネタ&ツールにも,詳しく載せています。
https://amzn.to/2HiuHz9 blank


専手必笑  気になる子への60の手立て
https://amzn.to/2IAjs1x

関田 聖和(せきだ きよかず)

兵庫県小学校 特別支援教育士(S.E.N.S)・特別支援教育Co
「楽習」教材開発と「楽書き」の取組を中心に据え、同僚・教師仲間と共に日々実践を積んでいる。その実践の一部を著書『楽しく学んで国語力アップ!「楽習」授業ネタ&ツール』にて収録。ほか『授業力の開発』シリーズ(明治図書)等共著多数。

同じテーマの執筆者
  • 鈴木 邦明

    帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師

  • 若松 俊介

    京都教育大学附属桃山小学校 教諭

  • 菊池 健一

    さいたま市立海老沼小学校 教諭・NIE担当

  • 宗実 直樹

    兵庫県姫路市立坊勢小学校 教諭

  • 高岡 昌司

    岡山県教育委員会津山教育事務所教職員課 主任

  • 今林 義勝

    福岡市立照葉小中学校 小学校教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 杉尾 誠

    大阪府公立小学校 主幹教諭・大阪府小学校国語科教育研究会 研究部長

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 篠田 裕文

    佛教大学大学院博士後期課程1年

  • 熊井 直子

    小平市立小平第五中学校 主任教諭

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop