2017.01.19
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

お悩み相談「もっと授業が上手になりたいです。どうしたらいいですか?③」(7)

授業が上手になるための方法とは?

京都教育大学付属桃山小学校 樋口 万太郎

前回の続きです。

②「研究授業や公開授業をたくさん見る」

なんといっても実際の生の授業をみることが1番の勉強になります。

授業における

授業者の動き

指導言、

先生の表情、

授業の進め方など

すべてが勉強になります。

私は授業を参観するときは、教室の前から見るようにしています。

そしてメインで見ているのは、子どもたちの様子です

先生の指導言や手立てで子どもたちがどういう反応をしているのかを見るようにしています。

若い頃は板書や先生の指導言を一言一句逃さないようにノートに書いていましたが、今はしていません。

授業を参観していて、気になったことをメモするようにしています。

気になったこととは、

・うん!?と思ったこと

・なるほど!と思ったこと

・え!と思ったこと

などと思ったことはすべて書きます。すごく抽象的ですが・・・笑

そして、見るだけではなく、

協議会で授業をみた感想や意見を述べるということです。

最初は緊張します。今でも緊張します笑

校内研以外で、協議会デビューをしたのは、3年目のときでした。

私も所属している関西算数授業研究会で、

ある授業のパネラーをさせていただきました。

授業者は教科書を執筆されているようなすごい先生です。

パネラーをするとわかって以来、必死に先行実践などをもとに勉強しました。

しかし、当日はほとんど何も言えませんでした。

正直な話、「こんな話をしたら笑われるかな?」「トンチンカンな話じゃないのかな」と思い、言い出すことができませんでした。

協議会後、授業者から

「何でも言ってよかったんだよ。何も言わない方が失礼だよ。」

と言われました。

そこから、少しずつでも言おうと心に決めました。

まずは校内の協議会でもしっかり発言することから始めました。

③協議会で発言する

協議会では、授業の進め方や教材などに対して自分の意見を言うことになりますが、

「授業者に対して愛を持ったうえで、意見を言う。そして必ず代案を言う」

ということを心掛けています。

協議会で否定をすればいいんだと思われている方に出会う時があります。

そこには愛がなく、上から目線のように感じてしまう方がいらっしゃいます。

以前の私を見ているようです。

言葉では表現しづらいですが、「愛」を持つということを忘れてはいけません。

自分の価値観だけで発言するのではなく、授業者がどうしてこのような教材を持ってきたのか、授業展開にしたのかなどの背景も考える必要があります。

「相手意識」です。価値観を理解したうえで、発言したいものです。

今回の記事は自戒のようになってしまいました・・・。

樋口 万太郎(ひぐち まんたろう)

京都教育大学附属桃山小学校
みんなが「わかる」「できる」、そして「楽しい」授業を目指し、目の前にいる子に応じた指導を行っています。キーワード「学級経営」「算数」「タブレット端末」。

同じテーマの執筆者
  • 安居 長敏

    滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長

  • 石丸 貴史

    福岡工業大学附属城東高等学校 教務主任

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 中原 正治

    元徳島県立新野高等学校 教諭

  • 鷺嶋 優一

    栃木県河内郡上三川町立明治小学校 教諭

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 大吉 慎太郎

    大阪市立放出小学校 教諭

  • 松田 翔伍

    名古屋市立御器所小学校 教諭

  • 森 寛暁

    高知大学教育学部附属小学校

  • 清水 智

    長野県公立小学校非常勤講師

  • 深見 智一

    北海道公立小学校 教諭

  • 齋藤 大樹

    浦安市立美浜北小学校 教諭

  • 神保 勇児

    東京学芸大学附属大泉小学校 教諭

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科准教授

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop