2015.11.10
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

「楽習」ネタ インプロゲーム

兵庫県小学校 特別支援教育士(S.E.N.S)・特別支援教育Co 関田 聖和

  日本テレビの「嵐にしやがれ」を見ていると,

嵐のメンバーと生瀬勝久さんとが,インプロゲームというものをやっていました。

「これは,ネタになる!」

と思い,メモっておきました。

 インプロゲーム。訳すと,即興劇,つまり,即興で劇をするのです。

会話力やコミュニケーション能力が高まることでしょう。

 低学年であれば,台詞づくりをするだけでも書く力,想像力などを

つける取組になることでしょう。

 どうやら,演劇をしていた友人に聞くと,いろいろあるようですね。

 

 

国語の「話す・聞く」領域の「楽習」ネタ

 インプロとは,その場の状況や相手に対して,柔軟に反応して,

取り組む仲間と共通のストーリーをつくっていく能力のことを言います。

また,演劇のトレーニングやコミュニケーションを学ぶツールとして

活用でき,昨今,企業などの研修にも取り入れられている手法だそうです。

 バラエティー番組は,たくさんあります。その中でもクイズ番組には,

たっくさんの「楽習」ネタが落ちています。

 インプロゲームは,簡単に言うと,即興劇です。

番組で行われていたネタですが,

授業や学習で使えることを活かす

ようにしています。

教材のネタは,どこにでも落ちています!

 

 

 

インプロゲーム「あいうえお」

  人数は,任意

1,テーマを決める

2.あいうえお作文の要領で,「あ」から順に台詞を考えて,ストーリーを作っていく

 例)

 テーマ:山で熊に遭遇

 あ……あっあぶない,逃げろ!

 い……行ったらあかん,そっちはあかんやん!

 う……うっ,後ろ見て……。

 え……えっ,もう来たのか!

 お……おじさんやん,熊に見えたわ。

 

インプロゲーム「最初と最後」

  2~3人で実施

1.最初と最後の台詞を決める

  たくさんの中から,くじのように決めてもいい

2.テーマを決める

  テーマを決めておいて,くじで最初と最後の言葉を選んでもいい

3.最初と最後の言葉が決まっている即興劇を演じる

例)警察に相談しに来た人

 最初の言葉:「馬鹿にするんじゃないよ」

 最後の言葉:「真実は,いつもひとつ」

 応用として,途中の言葉を設定してもおもしろいでしょう。

 

インプロゲーム「プレイブック」

  人数は,2~3人

 一人は,本に書いてある文章しか話すことができず,

他の人はその人の言葉を正当化していきながら即興劇を演じます。

1.会話文のある本を何か選びます

2.1人だけ,その本の会話文でしか演じることができません。

3.1つのお話を創作しながら,即興劇をします

 

インプロゲーム「プロップス」

  人数は,2~3人

 小道具を他の物に見立ててお芝居をするだけです。

1.テーマを決める

2.小道具を決める

例)携帯電話を野良犬に見立てる

 

インプロゲーム「スリーライン」

  人数は,2~3人

  ストーリーの最初に必要な「誰が」「どこで」「何をしているか」を

3行の台詞の中で作っていきます。

1.テーマを決める

2.誰が,どこで,何をしているかを順に話し,ストーリーを作っていきます

例)テーマ:宇宙人来週

 

インプロゲーム「スピットファイヤー」

 突然に入る単語に,素早く対応して物語を作るゲームです。

1.ひとりがストーリーを話す

2.もうひとりが単語を入れていく

3.ストーリーに関係ない単語が入ることもあるのでうまく(強引にでも)

  ストーリーに繋げて話していく

例)ハンバーグ定食を食べてる人

 

インプロゲーム「ワンワード」

 一人一言ずつを繋いで物語を作ります。

1.物語のタイトルを決める

2.ひとり一言(1文節)ずつ話す

3.前の人のアイデアに乗っかって,次の一言を発しつなげていく

4.全員で協力して,1つの物語を作る。

例)タイトル:冒険者

 ぼくが → 海へ → 入っていった。→ すると……

 

 他にも調べるといろいろあるようです。

また取り組んでみたいです。

 

 共に学びませんか! 

 2015年12月26日(土)……神戸開催 コミスタ神戸 講師 菊池省三先生
 
 2016年2月27日(土)……京都開催 同志社大学 第3回クラススタートカレッジ事務局
講師:土作彰先生,福島哲也先生,関田聖和
座談会:三好真史 松浦博孝 冨士松徹 小野領一 福島哲也 土作彰 長瀬拓也 関田聖和 他 
 
 2016年3月27日(日)……神戸開催 講師 中尾繁樹先生・大江浩光先生

関田 聖和(せきだ きよかず)

兵庫県小学校 特別支援教育士(S.E.N.S)・特別支援教育Co
「楽習」教材開発と「楽書き」の取組を中心に据え、同僚・教師仲間と共に日々実践を積んでいる。その実践の一部を著書『楽しく学んで国語力アップ!「楽習」授業ネタ&ツール』にて収録。ほか『授業力の開発』シリーズ(明治図書)等共著多数。

同じテーマの執筆者
  • 鈴木 邦明

    帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師

  • 若松 俊介

    京都教育大学附属桃山小学校 教諭

  • 菊池 健一

    さいたま市立海老沼小学校 教諭・NIE担当

  • 宗実 直樹

    兵庫県姫路市立坊勢小学校 教諭

  • 高岡 昌司

    岡山県教育委員会津山教育事務所教職員課 主任

  • 今林 義勝

    福岡市立照葉小中学校 小学校教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 杉尾 誠

    大阪府公立小学校 主幹教諭・大阪府小学校国語科教育研究会 研究部長

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 篠田 裕文

    佛教大学大学院博士後期課程1年

  • 熊井 直子

    小平市立小平第五中学校 主任教諭

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop