2024.02.07
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

5年生「面積」どっちから導入する?

5年生の算数で扱われる三角形、平行四辺形、ひし形及び台形の面積の計算による求め方の学習では、最初に三角形を扱うか、平行四辺形を扱うかは、教科書会社によって異なります。
では、なぜ違いが生まれるのか、その後の学習にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

東京都品川区立学校 平野 正隆

⑴本単元で育成を目指す資質・能力

本単元を通して、図形を構成する要素に着目して、面積や体積の計算による求め方を考察する力を育成することを目指します。

5年生では、三角形、平行四辺形、ひし形及び台形の面積の「求め方を考える」ことを指導します。既習の形に分けたり、変形したりすることで面積が求められることを操作や図に表しながら確認し、図形の性質(向かい合う辺が平行、向かい合う辺の長さが等しいなど)を使った説明をしていきます。

⑵教科書会社による違い

令和2年度から5年度に使用されている教科書では、算数科教科書を扱う6社のうち、5社が平行四辺形から、1社が三角形から導入しています。
また、平行四辺形から導入している5社のうちの3社が、周りの長さが等しい長方形との面積を比較するところから単元の学習が始まります。

⑶平行四辺形から導入すると

平行四辺形から導入する良さは何があるのでしょうか。

まず、長方形への等積変形がたくさんできるため、多様な考えを引き出せることが挙げられます。予測される考え方が、三角形で導入した場合は5通りであるのに対し、平行四辺形で導入した場合は7通りあります。

また、平行四辺形から導入すると、周りの長さが等しい長方形との面積を比較する場面から始めることができるため、面積を求める必然性をつくりやすいといえます。

さらに、三角形の面積を考える際、平行四辺形の半分と考えて求められます。これは、三角形の求積公式を導く際の÷2の意味理解に大きく役立ちます。三角形から導入すると、「÷2は底辺や高さを半分にしている」という考えしか出てきません。「平行四辺形の面積の半分だから÷2」という考えの方が、子どもたちは理解しやすいです。

しかし、平行四辺形から導入した場合、平行四辺形の求積でも、三角形の求積でも分解や頂点移動で、面積を求める考えに至りにくいです。そのため、台形やひし形の求積で、それらの考えを取り上げて理解を図る必要があります。

⑷三角形から導入すると

三角形から導入する良さは何があるのでしょうか。

四角形は三角形2つ、五角形は三角形3つというように、どんな多角形も必ず三角形に分割できます。また、平行四辺形の形をしたものは、身の回りにあまり存在していないのに対し、三角形は存在します。そんな、最も有用性が高い三角形を単元の最初に扱うことで印象に残すことができます。

さらに、平行四辺形の求積の際に、分割や頂点移動による等積変形の考え方を引き出すことができます。予想される考え方が14通りもありました。

しかし、三角形の求積公式を導く際に考える÷2の意味は、底辺や高さを半分にする考え方になるため、視覚的に捉えられるよう配慮する必要があります。また、平行四辺形の求積の際に「平行四辺形は三角形の2倍ということは、三角形は平行四辺形の半分である」と、図形を用いて理解したり、それが公式にも表れていることに気づかせたりすることも大切です。

⑸まとめ

どちらから導入するにしても、それぞれに長所と短所があります。
扱う教科書会社によって考え方は様々ですが、大切なのは、どんな長所があって短所はどう補えるかを理解しながら授業をつくり上げていくことだと思います。

平野 正隆(ひらの まさたか)

東京都品川区立学校


研究会での実践報告や校内での若手教員育成などの経験を通して、自分の経験や実践が広く皆様のお役に立てるのではないかと考えております。大人・子どもに関わらず、「明日から頑張れそうです」「明日が来るのが楽しみです」と言ってもらえるのが私の喜びです。

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 関田 聖和

    兵庫県神戸市立桜の宮小学校 特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)

  • 鈴木 邦明

    帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師

  • 村上 稔

    陸中海岸青少年の家 社会教育主事

  • 宗実 直樹

    兵庫県姫路市立坊勢小学校 教諭

  • 高岡 昌司

    岡山県教育委員会津山教育事務所教職員課 主任

  • 今林 義勝

    福岡市立千早西小学校 教頭 今林義勝

  • 高橋 英路

    前 山形県立米沢工業高等学校 定時制教諭
    山形県立米沢東高等学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 常名 剛司

    静岡大学教育学部附属浜松小学校 教諭

  • 篠田 裕文

    佛教大学大学院博士後期課程1年

  • 荒木 奈美

    札幌大学地域共創学群日本語・日本文化専攻 教授

  • 川上 健治

    明石市立錦が丘小学校 教諭

  • 松田 翔伍

    名古屋市立御器所小学校 教諭

  • 森 寛暁

    高知大学教育学部附属小学校

  • 笠井 縁

    ユタ日本語補習校 小学部担任

  • 山本 裕貴

    木更津市立鎌足小学校

  • 深見 智一

    北海道公立小学校 教諭

  • 神保 勇児

    東京学芸大学附属大泉小学校 教諭

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部 子どもコミュニケーション学科 教授
    前浜松学院大学短期大部 幼児教育科 特任講師

  • 今村 行

    東京学芸大学附属大泉小学校 教諭

  • 五條 晶

    沖縄県宮古島市立東小学校 教諭

  • 古市 剛大

    岡山県赤磐市立桜が丘小学校 指導教諭

  • 安井 望

    神奈川県公立小学校勤務

  • 山本 優佳里

    寝屋川市立小学校

  • 山口 小百合

    鹿児島市立小山田小学校 教頭

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop