2018.06.04
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

ありがとう

「ありがとう」をどのように大事にしていくか。

京都教育大学附属桃山小学校 教諭 若松 俊介

最近、どんなときに「ありがとう」って言いましたか?

「ありがとう」ってふしぎな言葉。
「ありがとう」を言っても言われても、
何だか心があたたかくなる気がしませんか?

別に「ありがとう」のために行動してるわけではないけど、
でもどこか「ありがとう」に救われることがある。
次のやさしさを生み出す不思議な言葉だなぁと思っています。

「有り難い」という思い。
周りの人との関わりの中で、当たり前のことなんて何一つありません。
一つひとつのことに「ありがとう」を意識するだけで、
何だかやさしい心が自分の中に芽生えてくる気がします。

最近ある子のふり返りに、この言葉についての思いが書かれていました。
「ありがとう」のおかげでやさしくなれる自分が生まれてきたようです。
自分の中で実感したからこそ、こうした言葉を大切にしていこうとするでしょう。

ただ、「ありがとう」が義務になればしんどいですよね。
「ありがとう」って言いましょう、という指示はどこか違和感を感じます。
「ありがとう」を強要されると自分だって嫌だなぁと思います。
心の内側から自然と出てくる言葉だからこそ、そこに価値が生まれます。

ある子は「まほうの言葉」と書いていました。
短いけれども、なんか不思議な状況を生み出す言葉。
心から出てきた「ありがとう」は、相手の心までも動かしてしまいます。

目や態度で伝わるものだってあります。
ほんのささいな仕草にあらわれていきます。
心の中で「ありがとう」ってつぶやいているんでしょうね。

「ありがとう」

って大事な言葉だけど、
「大事だな」と子ども自身が感じられるような場を大切にしたいです。
本当の意味で「ありがとう」が大切にされた時、
やさしく受け止め合う空気が生まれていくでしょう。

そんな学級、学校、社会になればいいなと思います。
今日も、ボク自身が「ありがとう」を大切に過ごしたいです。

若松 俊介(わかまつ しゅんすけ)

京都教育大学附属桃山小学校 教諭
「子どもが生きる」授業を目指して、日々子どもたちと共に学んでいます。子どもたちに教えてもらった大切なことを、読者の皆様と共有していければ幸いです。国語教師竹の会所属。

同じテーマの執筆者
  • 関田 聖和

    兵庫県神戸市立桜の宮小学校 特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)

  • 前川 修一

    明光学園中・高等学校 進路指導部長

  • 菊池 健一

    さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当

  • 須藤 綾子

    株式会社内田洋行

  • 杉尾 誠

    大阪府公立小学校 主幹教諭・大阪府小学校国語科教育研究会 研究部長

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 熊井 直子

    小平市立小平第五中学校 主幹教諭

  • 羽渕 弘毅

    兵庫県公立小学校 教諭

  • 川上 健治

    明石市立錦が丘小学校 教諭

  • 山本 裕貴

    木更津市立鎌足小学校

  • 今村 行

    東京学芸大学附属大泉小学校 教諭

  • 都築 準子

    愛知県公立中学校勤務

  • 今宮 信吾

    大阪大谷大学 教育学部 教授

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop