2018.04.05
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

絶対に体罰をなくしたい

こんにちは、鈴木邦明と申します。今期も執筆を担当することになりました。よろしくお願いします。

私は、長く(22年間)小学校の教員をしていました。その後、20174月に小田原短大に移り、そして20184月から現職である帝京平成大学に移りました。

この一年、学校現場のことを少し外から見ていました。そういったことなどを書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師 鈴木 邦明

「新しいクラスでまず伝えたいこと」

新年度が始まりました。

この記事が公開されるのは45日です。

子どもも教師もある種のワクワク感とちょっとの不安感を持ちながらの日々といった感じでしょうか。

このタイミングで今回は、体罰について書きたいと思います。

新年度のはじめに、是非子ども達に伝えたい内容です。

それぞれの先生で4月のはじめに伝えたいことは色々とあると思います。

今回の体罰のことは、絶対にこの時期に伝えたいものの一つです。

私が学級担任だったら、一番に伝えるだろうと思います。

「暴力は絶対に許さない。」

これは子ども同士もそうですし、自分自身もそうです。

何らかの形で暴力があるような学級では、きちんとした教育(学び)はできないと私は思っています。

もし暴力があるようなクラスでは、そこに関わる多くの人の学びの質が低下します。

教師が話すことも十分に伝わらないということも頻発するはずです。

「知り合いの体罰についての知らせ」

実は、3月の終わりの頃、以前勤めていた学校で一緒だった人から連絡をもらいました。

私と同期で採用された人が体罰で問題になっているとのことでした。

新聞にも出ていました。

私の年代(46歳)は、学校への採用が非常に少ない頃で、仲間同士の関係が近いです。
今回、体罰で問題になっている先生のことも勿論知っています。

私達の年代(40歳代)は、自分自身が子どもの頃、学校では普通に体罰がありました。

私は意味が分からず中学の体育の授業でひっぱたかれた事があります

小学校の時のある担任は常に棒(指揮棒を少し太くしたもの)を持っていました。

それを黒板などでの指示棒として使っていましたが、時折、それでぶったりもしていました。

また、40歳代は現在、中間で難しい立場にいます。

下から上から色々と難しい立場です。

その上、あまり周りが注意もしてくれなくなります。

変なことをしていても周りから歯止めをかけてもらいにくい状況にあります。

だからと言って、体罰が許されるものでは絶対にないです。

体罰は子ども、保護者、担任のどの立場をも幸せにしません。

しかし、自分を振り返っても微妙なことがいくつもあります。

無理やりに近い形で給食を食べさせたこともあります。

時間を守れない子どもが教室に入れないようにドアを閉めてしまったこともあります。

問題にならなかっただけだったのだと思います。

「体罰は効果がないことは多くの研究者によって示されている」

体罰は教育的に効果が無い事は色々な人が示しています。

小学校には、非常に強く(威圧的に)子どもと関わる先生がいます。

子どもからすると「怖い先生」です。

そういった教員は、様々なやり方で、クラスを支配(?)します。

一見、まとまって見えます。

運動会での行進などでは勿論ピシッとしているので管理職受けはかなり良いです。

そして、なかなかうまく学級をまとめられない教員について裏で悪口を言ったりしていることがあります。

前回「教育の質を上げるために~学校は破裂寸前の風船~https://www.manabinoba.com/tsurezure/017367.html」という文章を書きました。

その中で学校は破裂寸前だ表現しました。

体罰が起こってしまったり、その他の不祥事が起こってしまったりする状況は、風船が破裂してしまった状態なのだと思います。

「終わりに」

こういったことが減ることを心から願いいます。

悲しむ子ども、親、そして教員が減ることを願います。

また、これから教員になる学生達にはしっかりと伝えていきたいと思っています。

教師のパワハラ的指導は恐怖の条件付けである

https://www.manabinoba.com/tsurezure/016120.html

厳しい指導 是か非か

https://www.manabinoba.com/tsurezure/21946.html

鈴木 邦明(すずき くにあき)

帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師
神奈川県、埼玉県において公立小学校の教員を22年間務め、2017年4月から小田原短大保育学科特任講師、2018年4月から現職。子どもの心と体の健康をテーマに研究を進めている。

同じテーマの執筆者
  • 松井 恵子

    兵庫県公立小学校勤務

  • 関田 聖和

    兵庫県神戸市立桜の宮小学校 特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)

  • 松森 靖行

    大阪府公立小学校教諭

  • 荒畑 美貴子

    特定非営利活動法人TISEC 理事

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 今林 義勝

    福岡市立照葉小中学校 小学校教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 篠田 裕文

    佛教大学大学院博士後期課程1年

  • 川上 健治

    明石市立錦が丘小学校 教諭

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop