2022.10.28
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

今日から役に立つ!子どもの「だって・・・」を引き出すスキル

今期から、初任者の先生、4月から教壇に立つ先生向けに、今日から役に立つ授業のスキルを紹介します。今回紹介するスキルは、誰でも簡単にできて、しかも、子どもたちの笑顔があふれる授業につながります。今回は、子どもの「だって・・・」を引き出すスキルを紹介します。

東京学芸大学附属大泉小学校 教諭 神保 勇児

なぜ、子どもの「だって・・・」を引き出すのか?

 単刀直入にいうと、子どもの論理を引き出したいからです。授業をしていると、「だって・・・」と子どもは理由を言いたがります。根拠となる理由を見出し、自分で見つけたきまりなどを図や式を使って説明し始めます。もちろん、伝えたいという気持ちも伴っているので、授業はすごく盛り上がるし、深まります。

例えば、5年「小数のかけ算」の場合です。次の式をみて、子どもが「1より小さい数をかけたときは答えが3より小さくなる」と発表したとしましょう。

3×0.5=1.5
3×0.8=2.4
3×1=3
3×1.5=4.5
3×2=6

ここである発問をすると、子どもは「だって・・・」と1より小さい数をかけたときは答えが3より小さくなる理由を説明し始めます。この授業では、この理由が授業で子どもたちに話し合わせたい内容になります。

子どもの「だって・・・」を引き出すスキル

先ほど、「ある発問をする」と述べました。ここでは、子どもの「だって・・・」を引き出す発問について紹介します。それは、「絶対?」「本当に?」という発問です。

なぜ、「絶対?」「本当に?」という発問によって、子どもの「だって・・・」を引き出せるのか。それは、子どもの「言いたい!」という気持ちをこの発問によって引き出すことができるからです。でも、これには発動条件があります。先ほどの例でいうと、「1より小さい数をかけたときは答えが3より小さくなる」と言った後に、聞き手の子どもたちが「確かに!」「なるほど!」と賛同することです。

賛同すると、それは一人の考えではなくなり、クラス全体の考えになります。それに対して、先生が「絶対?」「本当に?」と揺さぶりをかけるものだから、子どもたちは「だって・・・」と言いたくなるわけです。

授業で「だって・・・」が聞こえたら、ぜひその子の話に耳を傾けてください。きっと、素敵な授業になりますよ。

今回のスキルにつながる内容は、授業スキルアップ研究会でも扱っていきます。また、話し合いの進め方などについては『子どもがなぜか話したくなる 算数ファシリテーション入門』(東洋館出版社)や『学び合いコーディネートスキル60』(明治図書)をぜひ参考にしてみてください。

算数の授業のお悩みごとや困っていることを募集中

教育つれづれ日誌の私のコーナー限定ですが、先生方が日頃ご指導されている算数の授業についてのお悩みごとや困っていることを募集しています。
もし現在(2022年10月~2023年3月)、算数の授業でお悩みや困っていることがありましたら、下記の入力フォームをクリックして、お知らせください。不定期ですが、応募のあった内容を整理して、解決していけるようなコーナーを私の連載の中で作りたいと思っています。無記名のアンケートですので、記入フォームには、ご自身の名前やメールアドレス等の個人情報、その他、学校や地域、他の個人が識別できるような情報は記入しないようにお願いします。
全てのお悩みにお応えすることはできないかもしれませんが、少しでも先生方の力になりたいと思っています。

<算数の授業のお悩みごとや困っていること入力フォーム>  
 ※学びの場.comの外部サイト(Googleフォーム)にリンクします。

※※アンケートにご記入いただいた内容は、学びの場.com編集部と共有させていただく場合があります。

神保 勇児(じんぼ ゆうじ)

東京学芸大学附属大泉小学校 教諭


2020年度はコロナウィルスでの休校期間でオンライン授業を多く行うことがありました。その時に得た、オンラインでも使える問題の見つけ方、子供の自力解決の見取り方、つぶやきの拾い方、発表検討のさせ方など紹介していきます。
「jimbochanのブログ」https://jimbochan.hatenablog.com/

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 酒井 淳平

    立命館宇治中学校・高等学校 数学科教諭(高校3年学年主任・研究主任)

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 羽渕 弘毅

    兵庫県公立小学校 教諭

  • 松田 翔伍

    名古屋市立御器所小学校 教諭

  • 森 寛暁

    高知大学教育学部附属小学校

  • 丸山 裕也

    信州大学教育学部附属特別支援学校 教諭

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科准教授

  • 五條 晶

    沖縄県宮古島市立東小学校 教諭

  • 平野 正隆

    東京都品川区立学校

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop