2020.07.27
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

運動遊びとトップアスリートの運動理論

幼児の運動遊びには、実はトップアスリートの運動理論から応用されているものがあります。一例を紹介しながら運動遊びの可能性について述べていきます。

旭川大学短期大学部 准教授 赤堀 達也

運動遊びとトップアスリートの運動理論

前回は「これからは幼児体育ではなく運動遊びが求められていく」ということをお伝えしました。今回は「運動遊びとトップアスリートの運動理論」の関係ということについてお伝えできたらと思います。

働き方改革における部活動の取り扱い

その前に少し話を脱線させます。学校における働き方改革における部活動の取り扱いです。日本のスポーツにおいて部活動の存在はとても大きなものです。高校野球、インターハイなどは大学よりもレベルの高い高校も多く、日本スポーツ界の最先端の1つと言っても過言ではないでしょう。しかし、長時間の活動の見直しがなされようとしています。強豪校はミーティングや個人練習の時間も大切にし、毎年同じことを繰り返すのではなく、少しずつ工夫しながら進化させるために多くの時間を費やしています。しかしその工夫の時間が制限されようとしています。実は私はここに懸念を感じています。

運動理論を幼児の遊びに取り入れる

現在、園の園庭には小高い丘を設け、斜面を作ることが流行っています。これはアメリカの元ゴールドメダリストであるモーリス・グリーンが所属していたHSIという陸上クラブの走る理論によるところも大きく影響しているでしょう。
深腹筋(腸腰筋)と呼ばれる上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉に着目し、そこを鍛えることで走力を高める理論であります。そのために坂道ダッシュや階段とばしトレーニングなどを行いますが、それらを遊びの中に取り入れるために、丘を作って遊ばせています。


このようにトップアスリートの理論をそのまま幼児に使用することは難しいですが、遊びに変換することで、子どもの体力問題の解消につながるように研究がなされています。そこには競技スポーツのコミュニティースポーツ化がなされています。いまコミュニティースポーツに注目が集まりますが、やはり競技スポーツあってのコミュニティースポーツです。競技スポーツを否定することなく、学校における働き方改革が進んでいってほしいと思っています。


さまざまな運動理論がありますが、その多くが少し形を変えれば、幼児にも応用可能なものばかりです。以前お話したコーディネーション理論も同様です。そのような研究を進め、トップダウンの一般化を図っていきたいと思います。

赤堀 達也(あかほり たつや)

旭川大学短期大学部 准教授・元パーソナルストレッチトレーナー・バスケットボールコーチ
幼児体育指導、小学校のスポーツ少年団指導、中学校の部活動指導、高校の体育指導、大学の体育指導及び部活動指導と、全年代の子どものスポーツ及び体育指導の経験を生かし、子どもの運動能力の向上を図る研究を行う。

同じテーマの執筆者
  • 江尻 寛正

    倉敷市立連島南小学校 教諭

  • 高橋 英路

    前 山形県立米沢工業高等学校 定時制教諭
    山形県立米沢東高等学校 教諭

  • 高橋 朋子

    近畿大学 語学教育センター 准教授

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 赤羽根 和恵

    東京福祉大学 国際交流センター 特任講師

  • 常名 剛司

    静岡大学教育学部附属浜松小学校 教諭

  • 藤井 三和子

    兵庫県立兵庫工業高等学校 学校心理士 教諭

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科准教授

  • 都築 準子

    愛知県公立中学校勤務

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop