2015.08.21
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

算数4年生「式をよむ」×タブレット端末(3) ~子どもの中に位置づける~

京都教育大学付属桃山小学校 樋口 万太郎

授業の続きです。  

 

4.図から式という思考の可視化

 子どもたちに配っていたワークシートをカメラ機能でとり、

「Cくんがかいたこの図からどんな式がみえるかな?」

と投げかけた。

これまでは式から図について考えさせていたが、

子ども達に図からどのような式がみえるのか考えさせた。

 「48-12=36」

最初に指名した子がこのように答えた。

そこで

「48は何か」「12は何か」と問い返し、タブレット端末に書かせながら式について共有していった。

48は8×6だが、これは最初に導入で子どもたちに考えさせたことである。

導入でみんなで共有したことをもとにした考え方であるため、全員がこの式について理解することができていた。

「つながり」を意識しながら、授業を組み立てることは大切である。

この後、さらに何枚か図から式について考え、授業を終えた。

 

5.タブレットが子どもたちに位置づいていなかった。

この授業での大きな反省点。それは

「タブレット端末が子どもたちのなかに位置づいていなかった」

ということである。そのため授業のリズムが悪くなった。

私は今年度担任ではないため、クラスを借りての授業であった。

このクラスでは

思考を可視化するためにタブレット端末を使用することは初めてであった。

給食指導のために、

授業では

NHKのコンテンツを見る、

体育で前転している様子を見て共有する、

音読の様子を撮って活用

ということは4月からこのクラスでは行ってきていた。

クラスではタブレット端末は位置づいてきている。

しかし「教師」がタブレット端末を使っている状態である。

「子ども」がタブレット端末を使っている状態ではない。

子どもたちが自由にタブレット端末を回すことを理想としている。

今回は子ども→教師→子ども→教師→子ども・・・

と教師が常に間に入っていた。これでは授業のリズムが崩れてしまう。

例えば今回使用したアプリ「meta moji note」では、色を変えたりすることができる機能がある。そういった機能を自由に子どもたちが使えるようになっておきたい。ピンクとか青とか子どもが自由に色を変えて可視化するのである。

改めてタブレット端末を子どもたちの中に位置付ける必要があると感じた授業であった。どのように子どもたちに位置付けたらいいか。次号以降で明らかにしていく。

続く

樋口 万太郎(ひぐち まんたろう)

京都教育大学附属桃山小学校
みんなが「わかる」「できる」、そして「楽しい」授業を目指し、目の前にいる子に応じた指導を行っています。キーワード「学級経営」「算数」「タブレット端末」。

同じテーマの執筆者
  • 安居 長敏

    滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長

  • 石丸 貴史

    福岡工業大学附属城東高等学校 教務主任

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 中原 正治

    元徳島県立新野高等学校 教諭

  • 鷺嶋 優一

    栃木県河内郡上三川町立明治小学校 教諭

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 大吉 慎太郎

    大阪市立放出小学校 教諭

  • 松田 翔伍

    名古屋市立御器所小学校 教諭

  • 森 寛暁

    高知大学教育学部附属小学校

  • 清水 智

    長野県公立小学校非常勤講師

  • 深見 智一

    北海道公立小学校 教諭

  • 齋藤 大樹

    浦安市立美浜北小学校 教諭

  • 神保 勇児

    東京学芸大学附属大泉小学校 教諭

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科准教授

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop