2019.06.13
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

夏休みのラジオ体操に向けた取り組み~もしかして教材研究不足?~

梅雨の時期を利用した取り組み

旭川大学短期大学部 准教授 赤堀 達也

みなさんの学区では夏休みにラジオ体操をやっていますか?昔に比べて少なくなってきているようですが、それでも多くのところで取り組まれているようです。夏休み明けに生活リズムを崩して通えなくなる子どもも多い現在、このラジオ体操をうまく利用することはできないでしょうか?6月は梅雨でグラウンドがあまり使えない時期でもあります。逆にそれを利用してできることを考えていきましょう。


パッと閃くのは、スタンプ集めをラジオ体操の方々と共同で行うというところですが、私がおすすめするのは、夏休みより前にラジオ体操の勉強・研究を子どもたちにさせてみることです。


ラジオ体操は1928年(昭和3年)に「国民保健体操」として制定されてから90年の歴史をもつ体操です。聞くところによると、ここまで国民的な体操として普及している国は、日本以外にないようです。このように歴史があり、世界にも誇れるラジオ体操はいい教材となりえます。


また意外にもアメリカ発祥のラジオ体操。体育の授業や運動会の準備体操として行われることが多いようですが、そのほとんどがラジオ体操第一でしょう。ラジオ体操第二は知っていてもできない人が多く、またユニバーサルデザインとして年齢・性別・障がいの有無を問わずに行うことができる1999年に制定された「みんなの体操」については知らない人がほとんどでしょう。
その歴史だけでなく、やり方や体のどこを動かすかについても調べてみると面白そうです。


先日、ラジオ体操指導員の資格を取得しました。ラジオ体操の導入からラジオ体操の一つ一つの動きの意味まで、とても面白くそして深く学ぶことができました。どうやらラジオ体操が面白くなかったのは、私たちの教材研究不足だったようです。


まだまだたくさん勉強できるラジオ体操。学校での取り組み方によっては、地域と一体になれる潜在能力を秘めています。学校における働き方改革により、部活動から社会体育・生涯体育に視点が向いていきます。いち早くラジオ体操に着目してみるのも良さそうです。

赤堀 達也(あかほり たつや)

旭川大学短期大学部 准教授・元パーソナルストレッチトレーナー・バスケットボールコーチ
幼児体育指導、小学校のスポーツ少年団指導、中学校の部活動指導、高校の体育指導、大学の体育指導及び部活動指導と、全年代の子どものスポーツ及び体育指導の経験を生かし、子どもの運動能力の向上を図る研究を行う。

同じテーマの執筆者
  • 江尻 寛正

    倉敷市立連島南小学校 教諭

  • 高橋 英路

    前 山形県立米沢工業高等学校 定時制教諭
    山形県立米沢東高等学校 教諭

  • 高橋 朋子

    近畿大学 語学教育センター 准教授

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 赤羽根 和恵

    東京福祉大学 国際交流センター 特任講師

  • 常名 剛司

    静岡大学教育学部附属浜松小学校 教諭

  • 藤井 三和子

    兵庫県立兵庫工業高等学校 学校心理士 教諭

  • 川島 隆

    浜松学院大学 現代コミュニケーション学部子どもコミュニケーション学科准教授

  • 都築 準子

    愛知県公立中学校勤務

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop