2021.05.15
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

なぜ学び直すのか?

「なぜ働きながら、大学院に通っているのですか?

多くの方から質問をいただきます。

兵庫県公立小学校 教諭 羽渕 弘毅

『先生は(中高の英語の)免許を持っているから…。私たちは無免許なの。』

文部科学省の指定を受け、授業改善や研修を進めている際に同僚のさりげない一言でした。

この一言が私の教師人生を変えたかもしれません。

たしかに、小学校の外国語科や外国語活動で中学校・高等学校の教員免許を取得していることや勤務経験があることは、授業づくりや授業における外国語運用能力にメリットがあるかもしれません。

ただ、小学校における外国語科や外国語活動の授業はそれだけでは成立しないことも確かです。

中学校や高等学校にはない『必要なもの』もあるのではないかと考えるようになりました。

同時に、『何とか現場の先生を救えるような存在になりたい』と思うようになりました。


そのために働きながら大学院で学び直すことを決意しました。

仕事と家庭、勉強の両立はなかなか大変ですが、自分で決めたゴールに向かって日々精進しています。


新年度です。

皆さんも、『学び直す』いかがでしょうか?

羽渕 弘毅(はぶち こうき)

兵庫県公立小学校 教諭
昼は教員、夜は大学院生、家では父親。
高等学校での勤務経験を生かして、文部科学省指定の英語教育強化地域拠点事業での公開授業や全国でのレポート発表を行ってきました。
座右の銘は、「出会いは成長の種」(ケツメイシ)

同じテーマの執筆者
  • 酒井 淳平

    立命館宇治中学校・高等学校 数学科教諭(高校3年学年主任・研究主任)

  • 神保 勇児

    東京学芸大学附属大泉小学校

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop