2020.07.31
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

通級で使える小ネタ<1>曜日の学習

小学校に就学したら、できるだけ早めに曜日の概念を教えましょう。

福生市立福生第七小学校 ことばの教室 主任教諭 博士(教育学)公認心理師 臨床発達心理士 髙橋 三郎

学校生活は曜日を中心に回っている。

意外と忘れがちですが、特別な支援を必要とする児童に対して、曜日の概念を教えることはかなり大切です。時間割は曜日によって異なりますし、学校生活は曜日を中心に回る…といっても過言ではありません。しかし、幼稚園や保育園の生活では、曜日を意識する機会はあまり多くないでしょう(少なくとも小学校よりは少ないと思います)。なので、小学校に就学したら、早い段階で曜日を教えておく必要があります。

というわけで、曜日の学習ですが、私はそれぞれの曜日と出来事を結び付けて覚えさせています。以下、具体的な指導の仕方です。

まず、通級での指導の際に、↑のようなプリントを渡し、それぞれの曜日にあるテレビ番組や習い事、出来事を書いてきてもらうように、連絡帳などで保護者に依頼します。まだ児童が書くのは大変ですので、記入は保護者にお願いします。必ず本人に関わりのあるもの(本人が好きで良くみているテレビ番組など)を記入してもらいます。

次の週には↑のようなプリントを児童からもらえると思いますので、このプリントをみながら、「曜日というものがあること」「曜日は毎日変わり、7つあること」を教えます。それから、日~土までの曜日の名前、順番と共にそれぞれの曜日に関連することを教え、覚えさせます。

少し覚えたら、指導者はプリントを見せた状態で、「土曜日は何がある?」「サッカーは何曜日?」などと質問し答えさせます。それができたら、次はプリントを見せずに、同様の質問をし、クイズ形式で答えさせます。ある程度やったら、役割を交代して、児童に先生役(すなわち、問題を出す側)になってもらうと盛り上がります。必ず宿題を出し、ご家庭でも取り組んでもらい、曜日が頭の中に入るようにしましょう。

髙橋 三郎(たかはし さぶろう)

福生市立福生第七小学校 ことばの教室 主任教諭 博士(教育学)公認心理師 臨床発達心理士
大学院で博士号を取得し、現在はことばの教室で子供達と向き合う日々を過ごしています。言語障害や発達障害に関する知見や指導方法を様々な先生方と共有できたらと思います。

同じテーマの執筆者
  • 荒畑 美貴子

    特定非営利活動法人TISEC 理事

  • 吉田 博子

    東京都立白鷺特別支援学校 中学部 教諭・自閉症スペクトラム支援士・早稲田大学大学院 教育学研究科 修士課程2年

  • 綿引 清勝

    東京都立南花畑特別支援学校 主任教諭・臨床発達心理士・自閉症スペクトラム支援士(standard)

  • 岩本 昌明

    富山県立富山視覚総合支援学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 増田 謙太郎

    東京学芸大学教職大学院 准教授

  • 植竹 安彦

    東京都立城北特別支援学校 教諭・臨床発達心理士

  • 渡部 起史

    福島県立あぶくま養護学校 教諭

  • 川上 康則

    東京都立港特別支援学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop