2019.05.10
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

家庭訪問から教育支援連携へ

家庭訪問では、ご家族の子供への「これまで」と「これから」の教育支援を伺うことができます。ここからまた教育支援連携が始まります。

京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会 中川 宣子

「これまで」と「これから」の教育支援

新学期の行事の一つとして、家庭訪問があります。学校から子供と一緒に、電車やバスを乗り継いで、ご家族の待つ駅や家に向かいます。家庭訪問では、幾つか学校から確認するポイントとして、通学路の様子、帰宅後の家での過ごし方、福祉や医療の利用状況、地域の小学校との交流学習について等を挙げることができ、これらのことを見たり聞いたりしながら確認していきます。
しかし実際の家庭訪問の内容は、これらの確認事項だけではありません。子供達の生活の場であり、一番安心できる場所である「家庭」にお邪魔することから、学校の懇談会で伺う話とは違った貴重な話、「これまで」と「これから」の教育支援についての話をご家族から伺うことができます。

家庭訪問から教育支援連携へ

例えば、我が子の誕生の話。初めて立ち歩いた時の話。目が離せなかった頃の話。偏食に困った話。家族が増えた時の話。兄弟姉妹との関わりの話。ペットを飼った話。家族旅行の話。恒例行事に参加した時の話。祖父母や親戚の話。お友達との交流の話。初めて○○できた時の話。これから中学部・高等部に進学することの話。学校卒業後の生活を見据えた話・・・・誕生から今日まで、悩みながら考えながら、我が子と共に歩んできた道、日々の生活の中で実践されたご家族の多くの努力・・・どのお話からも、我が子への深い愛情を強く感じました。ご家族の方が日頃見せてくださる、あの明るい表情や言葉の奥には、我が子を今日まで育ててこられた強さがあることを実感しました。
と同時に、その大事な一人一人の子供達を預かる教育支援者として、また学校教育という役割と責任を強く感じました。
学校と家庭との教育支援連携は、子供達の自立と社会参画を目指します。「平成」から「令和」になっても、その本質は変わりません。
さぁ、一緒に始めましょう!学校でも家庭でも、子供達の自立と社会参画にとってプラスになることはGOです。力を合わせて、知恵を出し合って、明るく強く楽しく、教育支援連携していきましょう!

中川 宣子(なかがわ のりこ)

京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究
「特別支援教育とは、子ども達の特別な才能を学校・家庭・地域の連携により支え、教え、育てること」と考えています。日々の教育実践を、情報発信・交流し合い、共に子ども達の成長・発達に役立てていきましょう!

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 吉田 博子

    東京都立白鷺特別支援学校 中学部 教諭・自閉症スペクトラム支援士・早稲田大学大学院 教育学研究科 修士課程2年

  • 綿引 清勝

    東京都立南花畑特別支援学校 主任教諭・臨床発達心理士・自閉症スペクトラム支援士(standard)

  • 岩本 昌明

    富山県立富山視覚総合支援学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 増田 謙太郎

    東京学芸大学教職大学院 准教授

  • 植竹 安彦

    東京都立城北特別支援学校 教諭・臨床発達心理士

  • 渡部 起史

    福島県立あぶくま養護学校 教諭

  • 川上 康則

    東京都立港特別支援学校 教諭

  • 鷺嶋 優一

    栃木県河内郡上三川町立明治小学校 教諭

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop