2020.04.30
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

休校中に大切にしてほしいこと

事態が刻一刻と変化する状況です。
ご家庭で休校中に大切にしてほしいことをまとめました。
4つご提案したいと思います。

兵庫県公立小学校 教諭 羽渕 弘毅

①学習はゴール思考で

学校からの課題がある場合が多いと思います。
休校が長引き、学習へのモチベーションが保ちにくい状態ですよね。
前回よりも課題が多くなって大変という声も聞いています。
勉強の量も大切ですが、質は量に比例しません。(特に小学生は)
『プリントを5枚する』というプロセス思考より『学校が再開するまでに、割り算20問を間違い2個以内で解けるようにする』というゴール思考で学習を進めていくのはいかがでしょうか。

  •  シンプルで
  •  数字の入ったゴール
  •  期間を決めて

そのゴールを達成するために、どのような計画が必要であるかを考えたり、計画を修正したりできるような声掛けをご家庭でもしていただけるとうれしいです。
このような経験が、『粘り強さ』や『自己調整』につながるはずです。
あくまでも、課題はゴールへの道具。
時には大人の助けを借りながら、ゴール達成に向けて、道具をうまく活用してほしいと思います。

②夢中になる時間を大切に

時間を忘れて夢中になれる時間はありますか。
本を読んだり、体を動かしたり……。
このような状況ですが、ふと子どもたちがそんな状況を忘れてしまうような時間は大切にしたいですよね。
もちろん、お家の方が夢中になる時間を同様に大切にしてくださいね。

③どう遊ばせるかよりも、どう仕事を任せるか

家庭で過ごす時間が長くなり、互いにフラストレーションが溜まっていませんか?
外で遊んでおいで!とも言いにくい状況で、困ってしまいますよね。
では、家庭での仕事を積極的に任せてみましょう。
子どもたちは意外と家庭での仕事を知らないことが多いです。
そして、意外と家庭での仕事を任されるとうれしかったり、上手になったりします。
洗濯物を取り込むにしても昨日よりも今日、今日よりも明日は……のように取り込み方の工夫を考えることもできます。
子どもを信頼して、お家のお仕事を任せてみませんか?

④心のケア

最後はこれです。
今の生活の中で困っていることを聞いてあげたり、普通の生活が戻ってきたらしたいことを作文にしたり、子どもたちの内面をどこかで表現できる機会を設けてほしいと思います。   
大人が想像できないようなストレスを抱えている場合もあります。
ほんの少しでいいので、今の気持ちをストレートに伝えられる、伝え合うことができる時間があれば素敵だなと思います。

Learn from yesterday, live for today, and hope for tomorrow.
(A. Einstein)

医療従事者をはじめ、最前線でさまざまな対応に当たっている皆様に感謝の意を込めて。

羽渕 弘毅(はぶち こうき)

兵庫県公立小学校 教諭
昼は教員、夜は大学院生、家では父親。
高等学校での勤務経験を生かして、文部科学省指定の英語教育強化地域拠点事業での公開授業や全国でのレポート発表を行ってきました。
座右の銘は、「出会いは成長の種」(ケツメイシ)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop