2018.07.11
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

私の荒技仕事術〜何となく2つ法〜

忙しい毎日。さらに忙しい学期末。
自分のプライベートも忙しくなるのが、大人たるもの。
既婚、未婚にかかわらず、仕事だけが人生ではないから、忙しくなるのは当然。
私の仕事術、中でも荒技編を今回はお話します。

兵庫県公立小学校勤務 松井 恵子

「何となく2つのことを同時に仕上げていく」

「何となく2つのことを同時に仕上げていく」
今年度、教頭職になりました。出勤は以前より早い。でも、お弁当は3つ作らないといけない!そこで、「2つすれば、時間が半分になる!」という発想。お弁当を作りながら夜ごはんの1品を作っておく。何かをしながら、もう一つ同時進行で何かをしておけば、2倍のことができるという発想です。

朝、コインランドリーで乾燥させた洗濯物をそのまま車にONして、出張先のお昼休み、時間を持て余すので、車の中でたたんじゃう。

髪の毛をドライヤーしながら、スクワットとか。
煮物しながら、指導案をメモる、などなどなど。

家事もだけど、これは仕事にも活かされます。

丸つけしながら、その子の良いと思うことや努力がいるものをメモ

観察カードをかかせながら、良いと思うところに声をかけつつ、どしどし花まるをつけ、コメントをいれる。こうすれば、ある程度、授業時間に見終わっているので、観察カードの朱入れがたまっていくということを防げます。忙しい放課後。全員分のカードの朱入れを明日においておくと、億劫になり、また次の観察の時間になり、どんどんカードがたまっていく・・・・なんてこと、ありませんか?じゃあ授業中に2つしちゃえばいい。その方が、子どもにも評価が返り、力になります。

ただし、3つになるとしんどすぎる。(私は)

逆に、1つなら、1つを仕上げないと次にいったらいけないような脅迫観念にかられる。(私は)

だから、なんとなくいつも2つのことを同時並行する、が私のお薦め。

to doリストもなんとなく2つに

今日はコレとコレを仕上げていこう、となんとなくメモして、一方が飽きたらもう一方という仕事技も

「なんとなく」がキーポイント

こういったことは誰しもされているかもしれませんが、to doリストは、「やるべき!やらないと!ぜったい!」なんてなるとダメ
余計にできない、もしくはできなくて落ち込んだりイライラしたりしがちかも。
優先順位の2つだけを書き起こす。
しかも、一つを終わらせないと次に行けないという意識ではなく、同時進行でオーケーの意識ですれば、心が軽くて案外進んだりするもの

「もっと心を軽く持ちなよ〜〜」=「メンタルヘルス」

自分で自分をコントロールして、忙しい学期末を乗り切ってくださいね。
あなたのヘルシーなメンタルが子どもにプラスになりますから。

固定概念なんて捨てちゃえばいい!

あなたなりのお仕事術で、あなた自身を大切にして、進んでください。
もちろん、傲慢ではなく、真摯な姿勢!

でも、自己犠牲は禁物。
本文の教育活動を甘んずることなく、でも自分を許しつつ、すすみましょ!

松井 恵子(まつい けいこ)

兵庫県公立小学校勤務


兵庫県授業改善促進のためのDVD授業において算数科の授業を担当。平成27年度兵庫県優秀教職員表彰受賞。算数実践全国発表、視聴覚教材コンクール特選受賞等、情熱で実践を積み上げる、ママさん研究主任です。

同じテーマの執筆者
  • 松森 靖行

    大阪府公立小学校教諭

  • 鈴木 邦明

    帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師

  • 荒畑 美貴子

    特定非営利活動法人TISEC 理事

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 1年)

pagetop