2019.03.12
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

セミナー参加

情報を刷新し、授業で学生達に還元するために、セミナーに参加しています。還元の仕方は色々です。今月も、いくつかのセミナーに参加していますが、どのように学生に還元するか...。

東京経営短期大学こども教育学科 専任講師 岸 久美子

3月と言えば…

学年末!怒涛の月です。今年度のまとめをしつつ、来年度の準備。さらに新入生登校日の準備。気づいたら4月になってしまった。毎年、この繰り返しです。

情報刷新

どんなに忙しくても、勉強は怠れません。まず、自分が学び、情報を刷新し、授業で学生達に還元する。とても大切なことです。例えば、保育の方法も変化しています。オムツ交換の仕方。かつては、両足をうさぎ持ちしていましたが、今はお尻を浮かすだけです。

他にも、うつぶせ寝の突然死問題、保育士が乳児の呼吸確認する時間…。何が正しいのか、どのやり方が推奨されているのか、保育士は命に関わる仕事なので、保育者養成校の教員もしっかり学び、学生に伝えなければ、大変なことだなってしまいます。

だから私も、時間が許す限り、セミナーには参加するようにしています。今月もいくつかセミナーに参加します。でも、シリアスなセミナーではなく、私の授業ネタ(?)、保育園で子どもたちが遊べそうな情報を得られるセミナーです。

アイルランド音楽

東京マラソンの日、所属している研究会の例会に参加しました。テーマは『アイリッシュ音楽』でした。アイルランドの曲といえば…庭の千草、ロンドンデリーの歌、サリーガーデンなど、有名な曲がたくさんあります。リバーダンスも有名です。

今日は楽器演奏でした。リコーダー、アイリッシュハープ(一般的なものより小型)、コンサーティーナと言われるアコーディオンみたいな楽器がありました。でも、もっとも面白かったのは、スプーン2本を片手に持って、楽器として演奏をしていたことです。密かに練習して、授業でお披露目したい!まずは、スプーン探しからスタート!

※今回、書かせて頂いたセミナーは、責任者からご許可を頂き書かせて頂きました。

岸 久美子(きし くみこ)

東京経営短期大学こども教育学科 専任講師
保育者養成校で、音楽と実習関連科目(保育実習・教育実習)を担当しています。保育の現場における音楽活動を通して、幼保一元化、幼保小連携・接続について研究中です。

pagetop