2010.03.02
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

悪い言葉遣い、言葉の暴力をどうする?

第11回目のテーマは「悪い言葉遣い、言葉の暴力をどうするか」。人を深く傷つける言葉遣いは、やはり直す必要があるでしょう。

悪い言葉遣いは人を傷つける武器にもなる

 文化庁の2007(平成19)年度「国語に関する世論調査」では、「中高生の言葉遣いは乱れている」と約8割の人が感じているという結果が出ています。若者の言葉の乱れはいつの時代も気になるものです。

 私自身は「超カワイイ!」といった、いわゆる“ギャル語”と呼ばれる流行語は、若者同士のコミュニケーションを円滑にするものとして遣う分には特に問題ないと思っています。若さゆえ、親世代とは違う新しい共通言語を持ちたいという心理はわかります。

 一方、同じ流行語でも「マジ、ムカつく」「ウザイ」「キモイ」「死ね」のような、人をののしる言葉は許せません。これらの言葉は、使うほうは軽い気持ちで発しても、浴びせられたほうは自分の人格や存在、可能性を否定されたと受け取り、心に深いダメージを与えます。人を傷つける武器、まさに“言葉の暴力”です。

 言葉の暴力は、場合によっては身体的な暴力よりも大きな痛みを相手に与えることがあるのです。

悪い言葉を遣う子どもの心理とは

 心理学では、自尊心が低くて自己評価の低い子ほど、乱暴な言葉を遣う傾向があるというのが定説です。自分より弱い立場の人に向かって悪い言葉を遣うことで、一瞬の優越感を得ているのです。

 そういった悪い言葉を遣う子には、それが人を傷つける武器になることを説明し、「今のままで十分にあなたは素晴らしい子なのだから、そんな言葉を遣う必要はないでしょ」と、繰り返し教えてあげてください。子ども自身がだんだん自分を肯定し、自己評価を高めていけば、悪い言葉も遣わなくなるはずです。

 子どもというのは、どこまで悪いことをやったら怒られるか、ギリギリまでやってみて大人を試す傾向があります。このため、悪い言葉を遣った時は、すぐにその場で「絶対に言ってはいけない」と厳しく注意する必要があります。もし遠慮をして甘い対応をすると、その子の将来にまで悪影響を及ぼしかねません。

 以前、ある空港で私は20歳くらいの娘さんが母親に向かって「ウザイ、死ね!」と言っているのを見て、とてもショックを受けました。その母親が我が子にずっとそのような言葉遣いを許してきた結果でしょう。「大人になったら大丈夫」、「社会に出れば直る」と考えられがちですが、子どものうちに直しておかないと職場や改まった席などで、何かの拍子に自然と口から出てきてしまうものなのです。

大人も注意して、悪い言葉遣いを直す

 子どもに正しい言葉遣いを身につけさせるために、我が家ではさまざまな言葉ゲームをやりました。たとえば「ことわざ選手権」。これは、家族皆で知っていることわざを一つずつ言い合って、言えなくなった人が負けとなり抜けていくものです。なかなか勝負がつかず、次の日に持ち越されることもありました。英語でも、たとえばegalitarianismのような綴りの長い単語をより多く言って競うということをやりました。

 このようなゲームを通して言葉に興味を持つようになると、子どもの語彙にどんどんきれいな言葉が蓄積されていきます。特に小さい時からやるとよく覚えるので効果的です。

 また、冠婚葬祭などのかしこまった場に子どもを参加させ、「こういう所ではこのように言うのよ」とTPOに合わせた言葉遣いを教えることも有効です。子どもが望ましい言葉を遣えた時は目一杯褒めてあげましょう。すると、子どもは嬉しくなって正しい言葉をもっと覚えたがるようになります。

 私は我が子以外でも悪い言葉を遣っている子を見かけたらよく注意します。小さい子には、ちょっと泣く真似をしながら「そんなことを言っちゃだめ。おばちゃん、とっても傷ついたよ」と諭すように言います。

 言葉遣いはたまたま一度だけ注意されたからといって、すぐに直るものではありません。日頃から親はもちろん、学校の先生も子どもの言葉遣いには気をつけてあげてください。同時に、親や先生自身も自分の言葉遣いに責任を持ちましょう。大人が発する言葉は子どもにとって非常に重く、影響が大きいのです。

アグネス・チャン

1955年イギリス領香港生まれ。72年来日、「ひなげしの花」で歌手デビュー。上智大学国際学部を経て、78年カナダ・トロント大学(社会児童心理学科)を卒業。92年米国・スタンフォード大学教育学部博士課程修了、教育学博士号(Ph.D.)取得。目白大学客員教授を務め、子育て、教育に関する講演も多数。「教育の基本は家庭にある」という信念のもと、教育改革、親子の意識改革について積極的に言及している。エッセイスト、98年より日本ユニセフ協会大使、2016年よりユニセフ・アジア親善大使としても活躍。『みんな地球に生きるひと』(岩波ジュニア新書)、『アグネスのはじめての子育て』(佼成出版社)など著書多数。2009年4月1日、すべての人に開かれたインターネット動画番組「アグネス大学」開校。2015.6.3シングル『プロポーズ』release!!(Youtubeで公開中)

AGNES CHAN OFFICIAL SITE ~アグネス・チャン オフィシャルサイト

構成:後藤真/イラスト:あべゆきえ

※当記事のすべてのコンテンツ(文・画像等)の無断使用を禁じます。

ご意見・ご要望・お悩み、お待ちしています!

「アグネスの教育アドバイス」では、取り上げて欲しいテーマ、教育や子育てのお悩み等を随時募集しております。下記リンクよりご投稿ください。
※いただいたご要望やお悩みは、企画やテーマ選びの参考にさせていただきます。
※学びの場.comから個別に回答をお返しすることはありません。

pagetop