2017.03.01
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

『子どもをアクティブにするしかけがわかる! 小学校算数「主体的・対話的で深い学び」30』

『子どもをアクティブにするしかけがわかる! 小学校算数「主体的・対話的で深い学び」30』

新刊『子どもをアクティブにするしかけがわかる! 小学校算数「主体的・対話的で深い学び」30』(盛山隆雄・加固希支男・松瀬仁・山本大貴 編著、志の算数教育研究会 著、明治図書出版 刊)をご紹介します。

子どもをアクティブにする算数授業のつくり方がわかる!

算数の授業で、「主体的、対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を実現するにはどうすればよいのか。「問題提示」「発問」「指名・発表」「板書」「まとめ」など、場面ごとのしかけを明らかにした30の授業実践で、その問いに応えます。

【本書の章立て】

はじめに
第1章 教師のしかけ1つで子どもはアクティブに学び出す
第2章 子どもをアクティブにするしかけがわかる!主体的・対話的で深い学び30

「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を算数の授業で実現するためには、どうすればよいのでしょうか。もちろん、学びの主体は子どもたちですが、すべてを子ども任せにするのではなく、教師が様々な工夫をすることによって、目標に沿った子どもの姿を意図的に引き出す必要があります。

本書に収められた30の授業実践例では、その工夫を、「問題提示のしかけ」「指名・発表のしかけ」「発問のしかけ」「板書のしかけ」「まとめのしかけ」という5つの「しかけ」の形でわかりやすく提案しています。

『子どもをアクティブにするしかけがわかる! 小学校算数「主体的・対話的で深い学び」30』

『子どもをアクティブにするしかけがわかる! 小学校算数「主体的・対話的で深い学び」30』

盛山隆雄・加固希支男・松瀬仁・山本大貴 編著
志の算数教育研究会 著
明治図書出版 刊
価格: 2,200円+税
B5判 136ページ

関連リンク

文・構成:明治図書出版・教育書編集担当者

※当記事のすべてのコンテンツ(文・画像等)の無断使用を禁じます。

pagetop