2016.07.17
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

「新聞写真を活用したNIE学習」(真の新聞活用をめざして)

さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当 菊池 健一

(写真は児童が紹介したい新聞をスクラップする様子です。)

今、真に新聞活用が必要

 

勤務校で、主にNIE(教育に新聞を)に関する活動を行っています。新聞を活用することで、現在、子どもたちに必要な「思考力・判断力・表現力」が身につくと考えています。現在の学習指導要領において、新聞の活用が具体的な形で盛り込まれているので、日本中の各学校で新聞を活用した授業が行われていると思います。しかし、教科書の短い単元でのみの授業になってしまい、本当の意味で新聞を有効に活用することになっていないのではないかと感じることもあります。そこで、この「つれづれ日誌」において、新聞を活用し、児童が豊かに学習を行う例を示していきたいと思います。今回は、4学年国語の授業例です。

既存の単元でNIEを実践

 4学年国語科(教育出版の教科書)で、お気に入りの写真について友達に紹介をする単元があります。学習指導要領に例示された「図表や絵、写真などから読み取ったことを基に話したり、聞いたりすること」という言語活動を具現化した単元です。教科書では、虫などを取り上げたいくつかの写真が示されており、その中から児童がお気に入りの写真を選んで、写真から気付いたことや想像したことなどを発表メモにまとめて、友達に発表する活動を行う流れになっています。

 今回の、この単元の学習素材として「新聞写真」を活用しました。児童が教科書に例示されているものではなく、社会の縮図である新聞から自分が紹介したいと思う写真を選ぶことによって、意欲が高まり、新聞や社会的な事象への関心も高まるのではないかと考えました。この単元はNIEを導入しやすい単元であると感じます。

指導の実際

 単元の導入で、教師が選んだ新聞写真を示し、児童と新聞写真に見出しをつける活動を取り入れました。新聞写真は海で泳ぐイルカを撮影したもので、児童は意欲的に見出しをつける学習を行いました。そして、自分が考えた見出しを友達と発表し合い、同じ写真でも友達同士で見る視点が違うことにも気がつきました。この学習の後に、これから、教科書で写真紹介の仕方を学び、最後に自分が選んだ新聞写真を友達に紹介する活動を取り入れることを告げました。児童は普段からNIE活動を行っており、新聞に興味をもっているので、自主的に自宅で購読している新聞から紹介したい新聞写真を探し始めました。

 教科書の学習で写真紹介の仕方を学んだ児童は、早速自分が選んだ新聞写真のスクラップに取り組みました。当初、新聞写真を選べない児童がいるのではないかと思い、その児童のために教師が推薦する新聞写真を用意しておきましたが、ほとんどの児童が自分で写真を選ぶことができました。普段からNIEに取り組んでいる効果が出ていると実感しました。

 新聞写真をスクラップした後は、その写真から気付いたことや想像したこと、そして一番伝えたいことを「見出し」としてまとめ、紹介スピーチをするためのメモをまとめていきました。児童は紹介したい写真を自分で選んでいるため、大変意欲的に学習に取り組み、1時間の時間内でメモをまとめることができました。そしてこのメモを生かして、友達に上手に自分の選んだ写真を紹介することができました。

 児童は、この学習の後も新聞の写真に大変興味を示していました。今後も学級活動などの時間に新聞紹介を継続して行っていきたいと考えています。 

 

菊池 健一(きくち けんいち)

さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当
所属校では新聞を活用した学習(NIE)を中心に研究を行う。放送大学大学院生文化科学研究科修士課程修了。日本新聞協会NIEアドバイザー、平成23年度文部科学大臣優秀教員、さいたま市優秀教員、第63回読売教育賞国語教育部門優秀賞。学びの場.com「震災を忘れない」等に寄稿。

同じテーマの執筆者
  • 関田 聖和

    兵庫県神戸市立桜の宮小学校 特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)

  • 若松 俊介

    京都教育大学附属桃山小学校 教諭

  • 杉尾 誠

    大阪府公立小学校 主幹教諭・大阪府小学校国語科教育研究会 研究部長

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 熊井 直子

    小平市立小平第五中学校 主幹教諭

  • 羽渕 弘毅

    兵庫県公立小学校 教諭

  • 川上 健治

    明石市立錦が丘小学校 教諭

  • 山本 裕貴

    市原市立八幡小学校教諭 木更津技法研所属

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop