2013.04.22
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

小学1年生でNIEスタート

さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当 菊池 健一

 小学校に入学したばかりの子どもたちに、鉛筆の持ち方を指導します。これまで担任した学年の児童で、鉛筆を正しくもてていない児童がかなりいたので、1年生でしっかりと指導する必要があると感じていました。そういう、私自身も小学校3年生まで鉛筆が正しくもてていませんでした。

 

 指導を行う際にNIEを活用してみました。ある新聞社の記事で鉛筆の持ち方を解説しているものがありました。子どもに理解しやすくなるように、物語にして持ち方を教えるという手法が紹介されていました。記事には図や写真も添えられてあり大変わかりやすくなっていました。

 朝、児童の登校にあわせて、鉛筆の持ち方を解説した新聞記事を貼っておくと、

「先生、ぼく、もうえんぴつもてるんだよ」

「おうちでもちかたをおそわったよ!」

「きょう、えんぴつのべんきょうをするの?」

と、私のところにたくさんの児童がお話をしにきました。

 

 そして、授業時間になると、早速、鉛筆の持ち方の練習をしてみました。もう鉛筆がもてる子ももう一度確認してみました。間違っている子には新聞に書いてある持ち方を一緒にやってみるようにしてみました。ほとんどの子が上手に持てるようになりました。その持ち方で運筆練習を行いました。

 

 鉛筆の持ち方だけではなく、1年生の学習でも、新聞の活用がいろんな場面でできそうな気がしてきました。これからは実際の授業の中でも活用していきたいと思います。

菊池 健一(きくち けんいち)

さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当
所属校では新聞を活用した学習(NIE)を中心に研究を行う。放送大学大学院生文化科学研究科修士課程修了。日本新聞協会NIEアドバイザー、平成23年度文部科学大臣優秀教員、さいたま市優秀教員、第63回読売教育賞国語教育部門優秀賞。学びの場.com「震災を忘れない」等に寄稿。

同じテーマの執筆者
  • 関田 聖和

    兵庫県神戸市立桜の宮小学校 特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)

  • 若松 俊介

    京都教育大学附属桃山小学校 教諭

  • 杉尾 誠

    大阪府公立小学校 主幹教諭・大阪府小学校国語科教育研究会 研究部長

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 熊井 直子

    小平市立小平第五中学校 主幹教諭

  • 羽渕 弘毅

    兵庫県公立小学校 教諭

  • 川上 健治

    明石市立錦が丘小学校 教諭

  • 山本 裕貴

    市原市立八幡小学校教諭 木更津技法研所属

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop