2009.05.11
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

『子どもたち一人ひとりを見つめるために』

さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当 菊池 健一

「毎晩、クラスの子どもたちのことを思い出していくと、今日1回も話していない子がいることに気がつく。そうしたら、次の日にはその子にまず声をかけようとしていたよ。」
これは、私が5・6年生お世話になった先生から聞いた言葉です。児童にとって先生からもらう言葉は最高にうれしく、心の栄養になるものだと思います。

しかし、クラスには30人以上の子どもがいますのでなかなか全員の児童に声をかけられないことがあると思います。以前、どのくらい児童に声をかけているかを調べるために1週間の間集計をとったことがあります。

結果を見て愕然!たくさん声をかけている児童には1週間で100回以上も声をかけているのに、クラスの中で大人しく、あまり目立たない児童には10回もかけていないことがわかりました。私自身はそんなつもりはなかったのですが、知らず知らずのうちに声かけに偏りが出ていました。

以前担任した1年生の女の子がお別れの時に

「せんせい、わたしはせんせいにいちどもおこられたことがないんだよ」

というお手紙をくれたことがありました。これを読んだとき、この子はもっと私に話しかけたりしてほしかったのかなと感じました。大変しっかりとしている子で、学習も申し分なくできたので、私の目が手のかかる児童の方へ向いていたような気がします。

 そこで、今はクラスの児童全員に1日2回は声かけをしています。まずは、朝のあいさつ運動の時と朝の会の健康観察で必ず声をかけます。そして、給食の食器片付け時に一人ひとりに声をかけながら一緒に片付けをします。この2回は必ず行うようにして、その他の授業や休み時間にもできるだけ声をかけるようにしています。
 また、現在自分の研究教科としている、体育科の授業では児童の出来栄えや心理状態に合わせた声かけの工夫もしています。

 これからも、児童にあたたかい言葉をかけ、よいクラスづくりを行っていきたいと考えています。
P4100047.jpgP4110048.jpgP4170009.jpg

菊池 健一(きくち けんいち)

さいたま市立植竹小学校 教諭・NIE担当
所属校では新聞を活用した学習(NIE)を中心に研究を行う。放送大学大学院生文化科学研究科修士課程修了。日本新聞協会NIEアドバイザー、平成23年度文部科学大臣優秀教員、さいたま市優秀教員、第63回読売教育賞国語教育部門優秀賞。学びの場.com「震災を忘れない」等に寄稿。

同じテーマの執筆者
  • 関田 聖和

    兵庫県神戸市立桜の宮小学校 特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)

  • 若松 俊介

    京都教育大学附属桃山小学校 教諭

  • 杉尾 誠

    大阪府公立小学校 主幹教諭・大阪府小学校国語科教育研究会 研究部長

  • 笠原 三義

    戸田市立戸田第二小学校 教諭・日本授業UD学会埼玉支部代表

  • 熊井 直子

    小平市立小平第五中学校 主幹教諭

  • 羽渕 弘毅

    兵庫県公立小学校 教諭

  • 川上 健治

    明石市立錦が丘小学校 教諭

  • 山本 裕貴

    市原市立八幡小学校教諭 木更津技法研所属

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop