2021.02.21
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

小学生が共通テストに挑戦!?

大学受験を目指している皆さん、共通テストお疲れ様でした。
小学校の教員にとっては、共通テストに目を通すことが少ないかもしれません。
高校3年生の時点で、こんな力が必要なのかと見通しをもてるチャンスです。

兵庫県公立小学校 教諭 羽渕 弘毅

小学生が解けそうな問題も

小学校の子どもたちに「高校3年生が受けるテストやってみる?」と尋ねると…

「え〜!無理〜!」「やってみたい!」など反応は様々です。

実は、小学生が解けそうな問題もあるのです。
英語リスニング のイラスト付きの問題は小学生にとっても取り組みやすい問題となっています。

音声を流すと普段の速さに慣れてしまっている子どもたちは驚きます。
しかし、5年生や6年生で学習した言葉や表現がたくさん出てきます。

☆ポイント☆

正解できたかどうかを大切にするのではなく、

◆聞いたことのある言葉はなかった?

◆今までに勉強した言葉が出てきたよね?

共通テスト、チャレンジしてみませんか?

今の学習が5〜6年後に繋がっていることを確認できる良いチャンスでもあるのです。

共通テスト、チャレンジしてみませんか?

問題文、音声は公開されております。
オススメは、問5から問11です。

羽渕 弘毅(はぶち こうき)

兵庫県公立小学校 教諭
昼は教員、夜は大学院生、家では父親。
高等学校での勤務経験を生かして、文部科学省指定の英語教育強化地域拠点事業での公開授業や全国でのレポート発表を行ってきました。
座右の銘は、「出会いは成長の種」(ケツメイシ)

同じテーマの執筆者
  • 酒井 淳平

    立命館宇治中学校・高等学校 数学科教諭(高校3年学年主任・研究主任)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

この記事に関連するおススメ記事

i
pagetop