2003.10.28
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

保護者ニーズ調査 親たちは学校に何を求めている!?(第2回)

保護者たちが学校や教師に、本当に望んでいるのは何なのか、未就学児童~小学生の子どもを持つ母親200人にその胸のうちを聞いてみた。

◆◆◆ 前回までのリポートはこちら ◆◆◆


 【 設問事項 】
Q1. あなたの理想とする小学校はどのようなものですか。 …第1回(10月22日)公開
Q2. あなたの理想とする教師像はどのようなものですか。 …第1回(10月22日)公開
Q3. あなたの理想とする校長(学校の責任者)像はどのようなものですか。
Q4. 学校の放課後や土曜日に、授業以外のサービスを求めるとしたら、
   それはどのようなものですか。
Q5. 私立校へ行かせたいと思いますか。…11月5日公開予定
     Q5-1. 私立校に行かせたい理由は何ですか。
     Q5-2. 私立校に行かせたくない理由は何ですか。
Q6. 子どもたちの安全のために、学校にはどこまで対応して欲しいですか。…11月5日公開予定
Q7. 学校の環境をよくするために何か協力するとしたら、どのくらい参加できますか。
   …11月12日公開予定
Q8. 設備、教員、教育方針など学校に関することで、
   「これはひどい」と思ったできごとをお書きください。…11月12日公開予定
Q9. その他、学校や教師に求めることをお書きください。…11月19日公開予定

 
アンケート結果サマリ (全文はPDFをご覧ください)

Q3. あなたの理想とする校長(学校の責任者)像はどのようなものですか。(3つ選択)
 
 
合計
1
2
3
4
5
6
7
8
全体
600
143
129
101
83
80
35
17
12
100%
24%
22%
17%
14%
13%
6%
3%
2%
 
 理想の校長像について聞いたところ、「問題が起こった時には、生徒の安全を第一に、迅速に対応してくれる」が24%(143名)で1位、次いで「保護者の理解を得る努力を惜しまず積極的に交流している」 22%(129名)、「子どもが好きで子どもに慕われている」 17%(101名)と続く。
 
 自由記入については、理想の教師像ほど多岐にわたる要望はなかった。保護者が望む校長像とは、「偉ぶらず」「子どもに慕われていて」「親しみやすく」「寛大」で、何かあったときには頼りになる「お父さんのような存在」のようである。また、民間人校長の採用など昨今の状況を受けてか、時代の波に柔軟に対応できる経営センスや、社会人経験を求める声も目立った。



Q4. 学校の放課後や土曜日に、授業以外のサービスを求めるとしたら、
  それはどのようなものですか。 (複数回等)

 
 
合計
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
全体
200
130
107
89
88
85
84
83
53
15
49
100%
65%
54%
45%
44%
43%
42%
42%
27%
8%
25%
 
 授業以外に学校に求めるサービスについて聞いたところ、「授業中にわからなかったことの補習授業が1位で65%(130名)、次いで「サッカー、野球、水泳、などスポーツ教室」 54%(107名)、以下、「茶道、華道、剣道、柔道など日本の文化を伝える教室」「化学実験などの理科関係の教室」「英語など語学教室」「工作、絵画などの教室」「パソコン教室」がほぼ同数となった。その他では、「野外遊び」「自然教室」「ボランティア」「親子で参加できるイベント」などが挙がった。
 
 自由記入を見ると、週5日制になってから、下校時間が遅くなり、放課後は「習い事どころではない」「塾などで忙しい」「これ以上もう何もできない」と悲鳴とも言える声が挙がっている。その一方、土曜日は「することもなくゲームばかりしている」「土曜も働いている親は子どものことが心配」「土曜の子どもの居場所が必要」という声が挙がっている。土曜日の利用については、習い事に代わる教室、補習授業、授業内にはできないような体験や実験など、さまざまな希望やアイデアが挙がった。一方で、何もいらないから「校庭を開放して欲しい」という声が多く、外で安心して子どもたちが遊べる場が少なくなっているという現状が浮かびあがってくる。



 

↓↓↓↓↓
保護者ニーズ調査(Q3~Q4)の全回答は・・・
保護者ニーズ調査(Q3~Q4)PDF版_(needs.enq_031029.pdf)
pagetop