2012.11.14
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

「かけざん」個に応じた指導法 その2

東京学芸大学教職大学院 准教授 増田 謙太郎

 今回はノーマル編です。

 

【1】CDを聞いて、一緒に歌う。

 かけざん九九にメロディーを付けたり、「ごいちはご、はい!」と復唱を促すような曲があります。私は、授業の導入で1回は流すようにしています。音楽は、リラックスや楽しい気持ちにさせることができます。やはり授業は楽しい雰囲気で始められた方がいいですものね。

 特に聴覚優位の子、継次処理が強い子、歌をすぐ覚えるようなタイプの子には、有効と考えられます。

 

【2】フラッシュカード

 1枚にひとつのかけざんの式が書いてある「かけざんカード」を使います。なるべくパッと見ただけで「ごいちはご!」と言えるようにします。全員で声をそろえて言ったり、ひとりひとり言ったり、子ども同士で問題を出しっこしたり・・・いろいろとアレンジできます。問題の出しっこをするのもいいです。授業の中で子どもが生き生きと活動できるので、メリハリもつきます。

 特に視覚優位の子には有効なことが多いのではと思います。

 

【3】ノートに書く

 かけざん九九をノートに視写します。黒板に書いてあるものを写す、プリントに書いてあるものを写す、思い出して書くなど、これもアレンジができます。「書いて覚える」感覚は、漢字の書き取りと同じようなものです。また、ノートに書くという作業は、これから先の学習でノートに書くときの基礎づくりに使えると思います。マス目や縦列・横列をしっかり揃えて書くように指導することが大事です。これを継続的に行うことで、プランニングや短期記憶が弱い子へのトレーニングともなります。

 

【4】「たしざんの式」と「かけざんの式」のマッチング

 「2+2+2=6」と「2×3=6」は同じということを、カードのマッチングで理解する方法です。いくつかの選択肢を用意したり、カルタのようにして見つけられるようにするとよいでしょう。

 視覚優位の子、同時処理タイプの子に有効です。

 

 

 「個に応じた」という視点でいろいろ挙げてみました。

 今回挙げたのは、特に目新しいわけでもなく、ごく一般的なかけざん九九の覚え方集です。

 

 肝心なことは、どれかひとつのやり方にこだわらないこと。

 

 よくありがちなのは、教師自身の認知スタイルに合った指導法が「一番だ!」と錯覚してしまうことです。

 

 例えば、教師が視覚優位だった場合。「自分もノートに書いて九九を覚えたから、きっと子どもたちもノートに書けば覚えられるはずだ」と思ってしまうようなことがあります。

 字を書くのが苦手な子が、この先生のクラスにいた場合、どうなるでしょう?・・・不幸なことですね。違うやり方だったらできたはずのことができなくて、その結果「自分は算数ができないんだ・・・」と。

 

 ちょっと話が飛躍しますが、著名人がよく「自分も昔、こうだったから」という理由で教育論を展開することがありますが、それは全てのみんなに当てはまる公式ではないと思うのです。「私は学校で勉強しなかったけど、ノーベル賞を取ることができた。」って、それは全てのみんなには当てはまらないでしょう? それと一緒です。

 

 「個に応じた」指導法を考えるためには、自分の認知スタイルとは別な認知スタイルがあるということを、まず理解しないといけないと思います。

増田 謙太郎(ますだ けんたろう)

東京学芸大学教職大学院 准教授
インクルーシブ教育、特別支援教育のことや、学校の文化のこと、教師として大事にしたいことなどを、つれづれお話しできたらと思います。

同じテーマの執筆者
  • 綿引 清勝

    東京都立南花畑特別支援学校 主任教諭・臨床発達心理士・自閉症スペクトラム支援士(standard)

  • 岩本 昌明

    富山県立富山視覚総合支援学校 教諭

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 植竹 安彦

    東京都立城北特別支援学校 教諭・臨床発達心理士

  • 川上 康則

    東京都立港特別支援学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

  • 髙橋 三郎

    福生市立福生第七小学校 ことばの教室 主任教諭 博士(教育学)公認心理師 臨床発達心理士

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop