2008.04.10
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

「ファーストコンタクト」あなたの気持ちは伝わりましたか?

元徳島県立新野高等学校 教諭 中原 正治

4月に入っての春休みは、教師にとって独特な気分の一週間です。
この原稿がアップされるのは4月10日。
もう生徒とのファーストコンタクトは終わっていますね。

7日の2回目の職員会議まで、はっきりしない校務分掌や担当授業のクラスに不安を感じながら、わかっている範囲で新学期の準備をはじめていく期間になります。
この期間は、学校によってかなり違いがあるようですね。
この期間を有意義に過ごせるように工夫できているかどうか、ちょっと振り返って見ると、学校力の違いがあるように感じます。

4月1日の職員会議は、はじめての顔合わせ、「ファーストコンタクト」ですね。
昨年に続いての先生方でも、3月の休みをくぐって違って見えます。
「変わらない人もいる・・・」って、聞こえてきそうです。
新しく来られた先生や管理職の緊張感が伝わってきます。

私の勤務校は、のんびりしていています。
今日、7日の2回目の職員会議のあと、学年会議があって、分掌の会議も合間にしながら、新学期の準備作業という感じです。
一段落して、先生方の表情を見ていると、
異動してこられた先生方も、1日の緊張感も取れて、明るく行動的で、普段の表情が現れているようです。

さて、生徒とのファーストコンタクトはどうでしょうか?
今年1年を楽しみに、色々と考えたり心に温めたアイデアを持って、「第一声」を出します。
教師になった初めのころ、この「第一声」が大切だと教えられたことを思い出します。
どのように教師として関わるのか、自分の生き様を含めて語ること。
荒れている生徒への渾身の思いをこの語りにかけてスタートしよう。
楽に・・・とか、上手に・・・とか、と、逃げないで、生徒の批判も真正面から受け止めましょうと。

前年度の一年の取組の振り返りから、自分も学んで、教師である私も「第一声」に自分の変わり目=成長を表せるように頑張ろうとしていました。

今、50代になって、若い頃の情熱はどこ?と、ふと寂しくもあり、懐かしくもありですね。
若い教師のように、思いっきり背伸びしてエネルギーの限りを放出するようにスタートを切るということはありませんが、自分の「第一声」は大切に、生徒と関わって行きたいと思っています。

今年は、学校の都合で、18コマ(担当授業数)全部が情報の科目になりました。今まで勤務校で工夫してきたことを成果として出せるように今年一年頑張るつもりです。

朝、さくらの木が、元気いっぱい咲いていました(写真)。
一年ぶりに見る、このさくらの花は、昨年より素敵な姿になっているように感じます。
毎年同じように咲きながら、その姿は素敵に変わっているのだ、と、感じました。

春休みをくぐって、始業式に会う生徒達。
どんなに素敵に、たくましくなっているか、見つけ出すのもファーストコンタクトの楽しみですね。
File1080410.jpg

中原 正治(なかはら まさはる)

徳島県立新野高等学校 教諭
50代は、タイピングコンクールでシニアの部に振り分けられました。情報化社会に生きるのは若い世代も高年齢の世代も年齢に関係ないですね。情報と理科を担当しています。

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 石丸 貴史

    福岡工業大学附属城東高等学校 教務主任

  • 郡司 竜平

    北海道札幌養護学校 教諭

  • 鷺嶋 優一

    栃木県河内郡上三川町立明治小学校 教諭

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 中川 宣子

    京都教育大学附属特別支援学校 特別支援教育士・臨床発達心理士・特別支援ICT研究会

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 大吉 慎太郎

    大阪市立放出小学校 教諭

  • 清水 智

    長野県公立小学校非常勤講師

  • 齋藤 大樹

    浦安市立美浜北小学校 教諭

  • 宮澤 大陸

    東京都東大和市立第八小学校

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop