2013.09.03
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

「自分だったら?」で思いやりを考える

大阪府公立小学校教諭 松森 靖行

みなさんこんにちわ。

地域のよっては既に2学期がスタートしてしばらく経っているところもあるでしょう。

スタートは順調でしょうか?

さて、今回は、「自分だったら?」で思いやりを育成します。

夏休みは、教員の官制研修が多いですよね。

そこで、寝ている先生がいたり、はなから聞く気がない先生が多いなあと

この夏、思ってしまいました。

私が講師をしたり、主催をしたりしている研修は、個人的な研修です。

つまり、受講生が身銭を削って受講をして下さっています。

なので、居眠りをせずに聞くし、やる気もあります。

しかし、官制研修はその逆が多いのです。

でも、それは、大変残念でもったいないことです。

そして、教師の言動と矛盾しています。

まず、官制研修もきちんとした研修で、すばらしい講師の先生方ばかりです。

教育委員会の先生方も、必死で準備をして下さっています。

そのようなすばらしい研修を、無料で受講できるのです。

大変お得です。

また、教師は子どもがやる気がなかったり、居眠りしたりしていたら、注意をしますよね。

思い切り叱る方もいらっしゃる。でも、自分はどうでしょう?何も言われないから寝ても

いいのでしょうか?

そのようになる一番の原因は、「人事」だからです。

だから、興味がないのです。

そのような時には、「自分だったらどうするか」「自分は今までどうだったのか」を

考えながら聞くと、興味をもって聞くことができるのです。

今年の夏の官制研修でそう思いました。

子どももそうです。興味をもって話を聞く時って、「自分に対する必要性」が

ある時なのです。そのような必要性を持つことができるような話や話術を

教師は持つべきです。

そして、「自分だったら?」とタイミングよく問いかけるのです。

自分に置き換えて考えることで、周囲の人のことも考える子に育ちます。

他人への思いやりの気持ちを育てるには、まず「自分はどう考えるか」

「自分ならどうするか」を考えることが大切です。

でも、まあ

先生方はお疲れなんです。

こういう私も気を抜けば・・・・。

まだまだ暑い日が続きますが、健康に気をつけてがんばっていきましょう。

それでは。

松森 靖行(まつもり やすゆき)

大阪府公立小学校教諭
休日には全国の教員セミナーに講師・受講者として参加、仲間と切磋琢磨しています。2014年度は大阪府の教員となり、若手教員研修を担当。若手の皆さんと一緒に学び直しをしています。

同じテーマの執筆者
  • 松井 恵子

    兵庫県公立小学校勤務

  • 鈴木 邦明

    帝京平成大学現代ライフ学部児童学科 講師

  • 荒畑 美貴子

    特定非営利活動法人TISEC 理事

  • 藤田 孝介

    横浜市立入船小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

  • 山本 裕貴

    木更津市立鎌足小学校

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop