2011.08.17
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

百貨店 VS 専門店

滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長 安居 長敏

いい先生やいい生徒がいて、授業に活気があり、進学実績が高く、施設・設備が充実していて、地域に開かれている・・・。

どこをとっても魅力的な学校。

いいねぇ~、そんなところ。

しかし、そんな百花繚乱的な、当たり前の一般論を振りかざしたところで、本校がそこに行き着くまでには相当な覚悟(素地や人材、資金など)が必要だろう。

世間の学校評価基準が「学校のブランドイメージ」中心になっている今、本校が「何で評価してもらうのか」をはっきりさせることが何よりも大切だ。

高い学力育成をめざすのか、どんな子でも受け入れ、手厚い指導を行うのか。

まず基本的な方向性を決めなければ、無駄な労力を費やすだけで、体制すら定まらない。

いたずらに飾り立て、中途半端な「百貨店」をめざすより、こだわりの「専門店」に変えていこう。

うわべだけ整えることはやめ、言っていることとやっていることが一致するような、中身のある指導こそが第一だ。

時代に流されない確固たる信念を持ち、安易に結果を求めず、愚直なまでに基礎基本を大切にした指導で、ほんとうの教育(真の学力育成、真の人間形成)を行っていく・・・。

そんな学校こそが、地域から必要とされる本校の姿に違いない。

安居 長敏(やすい ながとし)

滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長
私立高校で20年間教員を務めた後、コミュニティFMを2局設立、同時にパソコンサポート事業を起業。再び学校現場に戻り、21世紀型教育のモデルとなる実践をダイナミックに推進中。

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop