2009.07.03
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

自己満足だけでは、どんな仕事も成り立たない

滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長 安居 長敏

先日の中高一貫「教員通信」に書いたこと・・・

それは、《価値観》って人それぞれだということをよく理解した上で、いかに自分のやっていることの価値を、正しく人にわかってもらうかが大事だということ。

・・・ちょっと書き足りなかった気がするので、続きを少し書かせてもらおう。

自分がいくら頑張って、自分ではすばらしいと思えるような指導をしても、生徒や保護者がそれに対して満足しなければ何もならない。それは所詮自己満足であって、それだけではどんな仕事も成り立たない。

自分がその良さを理解し、すばらしさを体感することは最低限あたりまえのことであって、それを自信を持って人に伝えることで、人がその価値を認めてくれて、初めて意味がある。

どんないいことも、どんなすばらしい意見も、周りの人に支持され、認められなければ何もならないのだ。

にもかかわらず、自分がやっていることは正しい、だからそれをわからないお前が悪い・・・といった論法で、あくまでも自分の価値観だけを一方的に他人に押しつける人がどれほど多いことか。

100%間違っていない保証はどこにある?
完璧なことなんてないやろ~

言っている本人も、たぶん内心ではそういう不安を感じていながらも、なぜか「こうするべきだ」と言い放つ。

不意にスキを突かれ、形勢が不利になろうモンなら、その口調がどんどん強くなり、それを覆い隠すべく、さらに自分勝手な「正論」を振りかざして、みるみる自己陶酔の世界に紛れ込んでいく・・・。

むしろ冷静なのは聞いている相手の方で、最初は「あれっ?ちょっと変・・・」「なんか勘違いしてるのかな?」と半ば好意的にその矛盾を受けとっていたのが、そんなふうに自己世界に入っていかれるとますます信じられなくなり、最終的に大きな信用を失うハメになる。

何を言っても認めてもらえない・・・。
そんな状況を自ら作り出してしまっているのだ。

大事なのは、自分の正しさを相手に認めてもらうことではない。
相手がこちらの正しさに気付き、受け容れ、認めてくれるよう、誠心誠意努力することだ。

相手に「させる」のではない。
こちらから「してもらう」のだ。

謙虚さを忘れた人間には、だれもついてこない。

安居 長敏(やすい ながとし)

滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長
私立高校で20年間教員を務めた後、コミュニティFMを2局設立、同時にパソコンサポート事業を起業。再び学校現場に戻り、21世紀型教育のモデルとなる実践をダイナミックに推進中。

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop