2009.06.19
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷

inputとoutput

滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長 安居 長敏

たくさん息を吸い込もうとすれば、どうすればいいか・・・
答えは、できるだけたくさん息を吐き出すこと。

「腹式呼吸」で大切なことは、いかに息を吸うかではなく、
いかに息を吐くかということだ。
吐くことができれば、勝手に吸うことができる。

英語が話せるようになりたいと思って、いろんな参考書を買い、毎日、嫌になりながら一生懸命フレーズを暗記したところで、実際に声を出して、使わなければ身につかないし、上達もしない。

英語を勉強したから話せるようになるんじゃなくて、話す機会があるから、どういう言い回しがいいのか知りたくなり、覚えようとするのだ。

英語に限らず、どんな勉強だって同じ。
誰かに伝えたいから、表現したいから学ぶのだ。

お腹が空くから、美味しくご飯が食べられる。
ギュッと絞ったスポンジだから、たくさん水を吸い込んでくれる。
カラカラに乾いた土だから、どんどん水がしみこんでいく。

資料をたくさん集めても、レポートは書けない。
集めれば集めるほど、どれを使って、どうまとめればいいか悩む。
反対に、書きたいことが決まっていれば、話は早い。
必要な資料を探せば、それでいい。

日本人は、inputが好きらしい・・・

自分の周りに、できるだけ多くのモノや情報、ヒトを集めたくなる。
でも、集めれば集めるほど収拾がつかなくなり、コントロール不能。結局は使いこなせずに、放置されるだけ。

そうじゃないだろう・・・
発想を180度変えてみたらどうだ。

すべてを、outputから始める。
そうすると、自ずと必要なヒトやモノ、情報が見えてくる。
それも無駄なく、クリアに。

ほんとうは、きわめてシンプルなのだ。

必要だから、取りこむ・・・
必要でないモノは、近づけない・・・

ただ、それだけ。

安居 長敏(やすい ながとし)

滋賀学園中学高等学校 校長・学校法人滋賀学園 理事・法人本部事務局 総合企画部長
私立高校で20年間教員を務めた後、コミュニティFMを2局設立、同時にパソコンサポート事業を起業。再び学校現場に戻り、21世紀型教育のモデルとなる実践をダイナミックに推進中。

同じテーマの執筆者
  • 樋口 万太郎

    京都教育大学付属桃山小学校

  • 大谷 雅昭

    群馬県藤岡市立鬼石小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop