2015.12.14
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

子ども達の問題意識と必然性

岩手県宮古市立磯鶏小学校 教諭 村上 稔

頭ごなしに「あいさつをしなさい。」「当番の仕事をしなさい。」などと言うのではなく、子どもにとっての「必然性」「問題意識」を大切にしたいものです。そのことで、子ども達の心にスイッチが入り、自分から動けるのではないかと思います。

なぜ、あいさつをするのか…なぜ、当番の仕事をするのか…

一年生なりにあれこれ考えがあります。

 

話し合い、「あいさつは、自分も相手もお互いに気持ち良くなれるもの」

「当番の仕事は、みんなが気持ち良く生活できるためのもの」

これが子ども達の心に流れています。もちろん、継続的な指導は必要です。ただし、「必然性」を考えることが、自分で行動できるきっかけになります。

先日、子ども達から新しい当番を増やしたいの声があがりました。今年度は、一人一役の当番活動。一学期に全体で話し合い、必要な当番を決めたのでした。

今の自分達には不要な当番…必要な当番を考えました。

あいさつ当番…朝か昼休みの5分間、教室前廊下であいさつをする。自分達のあいさつで全校を元気にしたい。

整頓当番…教室の棚や道具をきれいには揃える。みんなが気持ち良く生活できるため。

などの当番が増えました。いずれも、子ども達なりに自分達の学校生活に「問題意識」をもって考えたものです。「必然性」や「問題意識」を大切に、自分達で行動したり教室をつくったりしていく…そんな姿を目指しています。

村上 稔(むらかみ みのる)

岩手県宮古市立磯鶏小学校 教諭
採用3年目。社会科研究会の事務局として、学習会を企画。学級通信の発行を通して、家庭との連携だけでなく、日々の実践の省察としても活用しています。

同じテーマの執筆者
  • 西村 健吾

    米子市立福米東小学校 教諭

  • 川村幸久

    大阪市立堀江小学校 主幹教諭
    (大阪教育大学大学院 教育学研究科 保健体育 修士課程 2年)

ご意見・ご要望、お待ちしています!

この記事に対する皆様のご意見、ご要望をお寄せください。今後の記事制作の参考にさせていただきます。(なお個別・個人的なご質問・ご相談等に関してはお受けいたしかねます。)

pagetop