2011.02.20
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷
  • 作者:
    千葉県船橋市立船橋養護学校 馬場光司
  • 校種:
    中学校特支高校特支
  • 教科:
    総合情報

概要

 本校の高等部は作業学習を学校生活の中心に据えている。生徒が活動の見通しを持ち、より生き生きと生活できるように、学校生活にまとまりをつけ「生活の単元化」・「作業の単元化」を進めている。更に、生徒自身が働く意欲・活動の満足感や成就感が高まるように、作業内容や頒布にかかわる活動も大切にしている。
  しかし、単元の山場の一つである「頒布活動」を考えると単発的な活動が多く、養護学校の生徒にとって見通しや活動を理解しづらい事がある。
 頒布会当日は、お客さんへの応対や金銭の計算が多く、自信を持って活動するのが難しい。そこで、「コンピュータとバーコードリーダー」を頒布会で活用する事により、バーコードシンボル(以下 バーコード)付きの製品カード作りやカードの袋詰めのような準備活動が増える。この事で、夏まつりや校内頒布会当日への見通しが持ちやすくなったり、会計活動が難しい生徒も活動が増えたりするのではないかと考えた。
ダウンロードリンク
【免責事項】

「指導案,授業アイデア,教材・プリント」は、投稿をいただいた学習指導案や事例、手作り教材、アイデア等のコンテンツやサイトをご紹介するコーナーであり、 内容の合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当コーナーに掲載されているコンテンツ、または掲載されているリンク先サイトのご利用で発生した損失や損害については、一切責任を負いません。使用および閲覧は利用者の責任において行うものとします。

pagetop