2011.02.20
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷
  • 作者:
    神奈川県大和市立林間小学校(現桜ヶ丘小学校) 島崎 勇
  • 校種:
    小学校4年中学校共通高校共通
  • 教科:
    国語総合外国語/英語情報

概要

・国際教室とコンピュータ
 コンピュータを授業で使う場合には、「使う必然性」が大切である。国際教室の子ども達にとっての必然性は、それが、日本語もスペイン語も使えるという事である。初期の段階の日本語がほとんど分からない時には、スペイン語で使うのである。「おばあちゃんとぼく」等のソフトで楽しみながら、お絵かきソフトのキッドピックスで、グラフィックの画面に、スペイン語と絵で自己紹介を書いていく。そして、更に、スペイン語でしゃべった声を記録するのである。このファイルをメールに添付してペルーに送れば、スペイン語の返事が返ってくるという訳である。日本国内でスペイン語の初歩の教材を探そうとしても、なかなか見つからないが、インターネットを使った交流で、容易に、そういう教材も手に入るのである。
ダウンロードリンク
【免責事項】

「指導案,授業アイデア,教材・プリント」は、投稿をいただいた学習指導案や事例、手作り教材、アイデア等のコンテンツやサイトをご紹介するコーナーであり、 内容の合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当コーナーに掲載されているコンテンツ、または掲載されているリンク先サイトのご利用で発生した損失や損害については、一切責任を負いません。使用および閲覧は利用者の責任において行うものとします。

pagetop