2011.02.20
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷
  • 作者:
    堺市立北八下小学校 谷野 敏子
  • 校種:
    小学校1年
  • 教科:
    総合情報

概要

同じコンピュータを時間を違えて使っていることを利用して、デスクトップに「でんごんばん」をつくり、学校内で異学年交流を行った。コンピュータを介して人と人とのつながりがさらに広がっていける、コミュニケーションツールとしての利用である。また、デジタルでの出会いからアナログでの出会いへと発展させることで、コンピュータを身近なものに感じ、相手を意識してコンピュータに向かうことができたと考える。スキルとしては、すべてをコンピュータで仕上げずに、文字は手書きにするなどして、1年生なりにコンピュータを表現する道具として、またコミュニケーション・ツールとして使うことが出来たと思う。
ダウンロードリンク
【免責事項】

「指導案,授業アイデア,教材・プリント」は、投稿をいただいた学習指導案や事例、手作り教材、アイデア等のコンテンツやサイトをご紹介するコーナーであり、 内容の合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当コーナーに掲載されているコンテンツ、または掲載されているリンク先サイトのご利用で発生した損失や損害については、一切責任を負いません。使用および閲覧は利用者の責任において行うものとします。

pagetop