2011.02.20
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷
  • 作者:
    神奈川県立平塚盲学校 村瀬道雄
  • 校種:
    高校特支

概要

 コンピューターは、盲学校にとって驚異の補助具である。それまで手書きだった点字は、キーボードをたたくことで簡単に打つことが出きるようになったし、点字を紙に印刷して製本すると数冊になる本でも点字ファイルとしてフロッピーに落とせば、一枚でおさまるようになった。さらに、普通の文字はテキストスタイルであれば簡単に点字に変換できるし、点字は、簡単に普通の文字に変換出来るようになった。さらにキーボードによる点字入力ソフトと音声ソフトを組み合わせることで直接、墨字テキストを作成する事まで出来るようになった。
 そのため、盲学校にコンピューターが導入されたのは、比較的早かった。しかも急速に広まった。ところが、DOS環境が切り捨てられ、GUI環境中心のウインドウズが主流なったことが視覚障害者にとってはとんでもない困難を招くこととなった。
ダウンロードリンク
【免責事項】

「指導案,授業アイデア,教材・プリント」は、投稿をいただいた学習指導案や事例、手作り教材、アイデア等のコンテンツやサイトをご紹介するコーナーであり、 内容の合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当コーナーに掲載されているコンテンツ、または掲載されているリンク先サイトのご利用で発生した損失や損害については、一切責任を負いません。使用および閲覧は利用者の責任において行うものとします。

pagetop