2017.06.22
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷

クラシックコンサートを教材に!~日本フィル「エデュケーション・プログラム」夏休みコンサート~

クラシックコンサートを教材に!~日本フィル「エデュケーション・プログラム」夏休みコンサート~

日本フィルハーモニー交響楽団が、毎年行っている「夏休みコンサート」
敷居が高いと思われがちなクラシックコンサート。子ども連れで"本物の音"を体感できる機会は、そうそう多くはありません。
日本フィル夏休みコンサートは、「やわらかな感性を持つ子どもたちに音楽のもつ力の素晴らしさを届けたい」という願いから、親子コンサートの先駆的存在として1975年にスタートしました。毎年7月下旬~8月上旬に首都圏各地で開催され、これまでに延べ110万人を超える子どもと家族にクラシック音楽への「入門編」として愛され、子どもたちがオーケストラの楽しさに触れる機会を広げてきました。

 
三世代へ贈る音楽の翼

子どもたちは、コンサートホールという大空間を揺るがすオーケストラ音楽のダイナミックな響きを、全身で受けとめます。およそ90名ものプレーヤーが奏でる豊かな響き、音色の違う様々な楽器があやなす不思議な音の世界に触れ、心の中に絵を描き、物語を作ります。その体験の中から彼らは、人生で大切な何かを受け取ることでしょう。
このコンサートでは、子どもたちに生のクラシック音楽を核として多くの体験をして頂こうと、楽員によるウェルカムコンサート、恒例となった終演後の出演者との懇談会、2008年から始まった絵画コンテストなど様々な関連企画を用意していることも特徴です。

日本フィル 夏休みコンサート2017 開催日程

今年は公演日によってプログラム【第2部】が変わります!
バレエかオペラ。お好きな方を選べます。
詳しくは、夏休みコンサート特設ページをご覧ください。

<日程>
7月21日(金)14時 府中の森芸術劇場【バレエ】
7月22日(土)11時/14時 横浜みなとみらいホール【バレエ】
7月23日(日)11時/14時 東京芸術劇場【バレエ】
7月25日(火)14時 習志野文化ホール【オペラ】
7月26日(水)14時 大田区民ホール・アプリコ【オペラ】
7月27日(木)14時 千葉県文化会館【オペラ】
7月29日(土)14時 ソニックシティ【オペラ】
7月30日(日)14時 相模女子大学グリーンホール【オペラ】
8月2日(水)14時 東京オペラシティコンサートホール【オペラ】
8月4日(金)11時/14時 横浜みなとみらいホール【オペラ】
8月5日(土)11時/14時 東京文化会館【オペラ】
8月6日(日)11時/14時 東京芸術劇場【オペラ】
8月19日(土)14時 ロームシアター京都【バレエ】

今年のコンサートの見どころ・聴きどころ

第1部 オーケストラの魅力を知ろう!

18世紀、19世紀、20世紀に生まれた有名な名曲を演奏します。
18世紀代表は、「ヘンデル:《水上の音楽》よりアラ・ホーンパイプ」。優雅でさわやかな響きは、オーケストラが貴族のためにお城で演奏されていたことを感じさせます。
19世紀代表は、「ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》より第1楽章」。ベートーヴェンは、クラシックの作曲家で初めて、自分の感情をストレートに作品に表現した人でした。厳しくきちんと組み立てられた音楽から、彼の性格がはっきり伝わってきます。
20世紀代表は「ストラヴィンスキー:バレエ《火の鳥》より」。現代の映画音楽のような、キラキラしたサウンドが彩るストーリーの世界は、とても現代的です。

時代が下るにつれ、楽器編成が変わるのも見どころです。みなさんの好きな楽器はどれですか?観て、聴いて、楽しめる第1部です。

第2部 バレエ?オペラ?あなたはどっち?

今年の第2部は、公演日によって変わります!バレエ《白鳥の湖》とオペラ《カルメン》です。

バレエ《白鳥の湖》

スターダンサーズ・バレエ団とのコラボレーションで、クラシックバレエの代名詞ともいえる「白鳥の湖」をご覧下さい。日本フィル夏休みコンサート版「白鳥の湖」は、語りが入り、ストーリー展開もわかりやすく、静と動のコントラストがとても鮮明に構成されています。また、有名な《情景》《4羽の白鳥の踊り》など、次々と知っているメロディーが登場します。美しい照明にもご注目ください。
はじめてバレエを観る方にも、バレエ・ファンの方にも、目でも耳でも満足していただける内容です。

オペラ《カルメン》

名作《カルメン》をこの夏休み、お子様も楽しめる日本フィル版で!オーケストラがビゼーの有名な音楽を奏でる一方、舞台では歌手たちがダイナミックなストーリーを展開。カルメンの恋の行方はいかに?ビゼー「カルメン」のいいとこどり! な音楽も注目です。

構成・演出は宮本益光さん。「教員になりたい」という気持ちから音楽を始めた宮本は、自身もオペラ歌手として活躍する傍ら、舞台演出、オペラの日本語訳詞など多岐にわたる分野で活躍しています。「音楽が年齢も国境も越えて語り合えるというのは本当です。子どもたちと語り合うことができたと感じたとき、音楽家で本当に良かったと思うのです。」という彼の言葉通り、日本フィル夏休みコンサートでもその手腕を発揮してくれることでしょう。

バレエの美しい踊りに酔いしれるもよし、オペラの情熱的な歌声に包まれるもよし!さあ、あなたはどっち?

第3部 みんなでうたおう!

ステージと客席が一体となって音楽の楽しさを分かち合う、大人気の「みんなでうたおう!」は客席の皆様が主役です。ご家族そろって歌える3曲《さんぽ》《たなばたさま》《踊るポンポコリン》を選びました。
リズムに乗って楽しく歌える歌、日本語の美しさを感じられる歌、ホールでオーケストラと一緒に歌った思い出が、いつまでも皆さんの心に残るよう、日本フィルは心を込めて演奏いたします。

pagetop