得するお知らせ

研究会・イベント情報

2022.08.25
  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 印刷
全国

全国保育士養成セミナー

テーマ:こどもたちへ繋ぐ自然と文化、そして命

議論の中で、昨今の子どもを取り巻く 環境の変化を踏まえ、今後の保育実践や保育者養成が目指すべき方向性を考えたときに、キーワードとして 浮かび上がってきたのが「自然」「文化」「命」という3つの言葉であり、これらを素直にあてはめた主題に しました。昨今、SNS の浸透により、人と人とのコミュニケーションのあり方が急速に変容しています。また、 3 年にも及ぶコロナ禍のもと、図らずもわれわれは人と人とのつながりの意義を改めて意識させられること となりました。このような状況だからこそ、「自然」「文化」「命」といった、保育という営みを構成する本質 的な概念について深く掘り下げることが、今後の保育実践と保育者養成のあり方を考える上で重要であると 思います。そしてこのことを日頃から保育者養成に携わる先生方、さらには現場の保育者、保護者にも今一 度考え、共有していただきたいと願っております。



(1)講 演
■行政説明 8月 25 日(木) 13:00 ~ 14:00
 演  題 保育行政の動向と課題(仮題)
 講  師 厚生労働省 子ども家庭局 保育課(予定)
■基調講演① 8月 25 日(木) 14:10 ~ 15:10
 演  題 学ぶことは生きること〜病気のある子どもになぜ教育が必要なの?〜
 講  師 副島 賢和 氏(昭和大学大学院 准教授)
■特別講演 8月 25 日(木) 15:20 ~ 16:20
 演  題 伝えること、繋ぐこと
 講  師 坂東 元 氏(旭川市旭山動物園 園長)
■基調講演② 8月 26 日(金) 10:40 ~ 11:40
 演  題 保育士に期待すること―医療の世界から改めて考えてみる―
 講  師 田中 康雄 氏(こころとそだちのクリニックむすびめ 院長)


(2)分科会
① 【表現・想像・創造】感性を育む世界 ~絵本を考える~
② 一人ひとりを大切にする保育とは ~基調講演を受けて~
③ 保育士養成倫理綱領に関して
④ 自然のなかでの学び ~命を感じる保育~
⑤ 保育者養成校と保育現場の協働
  ~保育現場との協働から保育士養成の可能性を探る~
⑥ 養成校の学びの質について
⑦ 実習指導における今日的な課題
  ~参加者とのディスカッションを通して~
⑧ 行政・保育所・養成校、それぞれの立場で保育士の養成と確保を考察する
  ~旭川市を事例として~
⑨ 新任教員の課題 ~新任教員を支える組織(教員集団)とは~
⑩ 施設実習(児童養護施設)を通した、保育士養成の現状と今後の課題を考察する
⑪ コロナ禍の学生支援 ―実習・就職活動を中心に―
  社会へ送り出す養成校の支援と、受け入れる保育現場の体制
⑫ 海外保育施設におけるICT関連事情

詳細URL https://www.hoyokyo.or.jp/seminar/information/index.html
開催日時 2022年08月25日(木)12時30分~2022年08月26日(金)15時20分
主催 一般社団法人全国保育士養成協議会
会場 オンライン開催
定員 なし
参加費 無料
お申し込み方法 Web
※お申し込みの詳細は、上記URLをご覧ください。
お問い合わせ先 総務課
E-mail:seminar*hoyokyo.or.jp(*を@に置き換えてください)
pagetop