得するお知らせ

得するお知らせ

研究会・イベント情報

研究会・イベント情報

2017.06.25
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • 印刷
東京

理科カリキュラムを考える会 2017年夏季シンポジウムーICTによって理科教育はどう変わるか

ICT(Information and Communication Technology)は、まだ地域や学校によって差が大きいものの、教育現場にいろいろな形で入ってきています。今回は、タブレット、電子黒板、電子教科書、センサーのデータを記録するデーターロガー等のICT機器を使った授業や、ウェブを活用した学習環境作りを紹介します。ICTをどのように使えば有効か、日本での実践と韓国、アメリカ、イタリアなどのICT教育の動き等を紹介します。また文科省から教員勤務実態調査が4月に紹介されました。多忙な教員をどのように支援できるかも考えます。



【プログラム】
13:00-17:00
[講演]
・「ICTによって理科教育はどう変わるかー日本、アジア、アメリカの事例から」
  小林昭三(新潟大学)
・「韓国の学校教育におけるICT事情と、これからの日本の教育インフラ」
  吉田賢史(早稲田大学高等学院)
・「日本とイタリアの教員の勤務実態と科学教育比較」
  Dr. Beniamino Danese(REINVENTORE)小川慎二郎(早稲田大学高等学院)
・「ICT教育に役立つ機材の紹介」:(株)内田洋行ほか

詳細URL http://www.rikakari.jp
テーマ 理科
開催日時 2017年06月25日(日)13時00分~17時00分
主催 NPO法人理科カリキュラムを考える会
会場 (株)内田洋行 ユビキタス協創広場 CANVAS 地下1階
東京都中央区新川2-4-7
定員 なし
参加費 無料
お申し込み方法 Web、その他
※お申し込みの詳細は、上記URLをご覧ください。
お問い合わせ先 事務局連絡先 高橋和光「高」は、「はしごだか」
E-mail:science*sh.rim.or.jp(*を@に置き換えてください)
pagetop